つくいじょう

津久井城

神奈川県相模原市

別名 : 筑井城
旧国名 : 相模

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

にのまる

秀吉の小田原攻めで落城 (2018/07/03 訪問)

R413から県道65号線に入ってしばらく行ったパークセンターから登城しました。375メートルの山頂まで男坂を登って30分程度とのことだったので、20分を目指します。無駄にストイック。
無事に目標タイムをクリアし、山頂で下界を見下ろしながらお昼休憩。その後、飯縄曲輪、大杉、宝ヶ池をまわり、ごく短いクサリ場を下りて鷹射場へ。下山は鉄則どおり緩やかな女坂を通ったのですが、女坂とは名ばかりで、未整備のところや崖すれすれのところなど、簡単には帰還させてくれない女の道でした。
まだ余力があったのか、ただ単に気分がハイだったのかわからないけれど、続けて八王子城へGO(^O^)/

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズ?

その昔落雷で折れた木を見たこと

+ 続きを読む

todo94

落雷 (2014/09/23 訪問)

駐車場が満車で36分、待たされてしまう。14時を回った所でようやく登城開始。津久井城は津久井湖城山公園として整備されていてパークセンター辺りは家族連れで賑わっていたが、城の頂上・本城郭を目指す人はさほど多くない。堀切、引橋などの遺構を確かめつつ本城郭に到着。曲輪の一角には土塁が残っており中々の佇まいである。更に飯縄郭から宝ヶ池、大杉まで脚を伸ばす。大杉は何と2013年に落雷被害に遭っていた。

+ 続きを読む

結構楽しめます (2017/02/11 訪問)

 横浜線橋本駅からバスが何本も出ているので行きやすい城址です。津久井湖観光センター側から登って飯縄曲輪に到達する道を選択しました。空は晴れていましたが雪が残っている所があり滑落しそうでした。竪堀は見事なものがありますが、もう少し伐採していただいた方がよくわかると思います。本城曲輪の西側に畝状竪堀があると縄張り図に記載があったが、立ち入る禁止になっていたりして確認できませんでした。パークセンター側へ降りてぐるりと西側を回りバス停まで帰って来ました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 山城
天守構造 不明
築城主 筑井氏
築城年 鎌倉時代
主な改修者 津久井三郎
主な城主 筑井(津久井)氏、内藤氏
廃城年 天正18年(1590)
遺構 曲輪、堀切、竪堀、石垣
再建造物 石碑、説明板
住所 神奈川県相模原市緑区根小屋
問い合わせ先 相模原市文化財保護課
問い合わせ先電話番号 042-769-8371