はったけごしゅいんやしき

八田家御朱印屋敷

山梨県笛吹市

別名 : 八田屋敷
旧国名 : 甲斐

投稿する
夫人を偲ぶよすがとなれば、
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

にのまる

武田勝頼夫人遺愛の松 (2021/05/09 訪問)

県立博物館で開催されていた「武田信玄の生涯」に行った帰り道です。
近くの「ホテル石風」に【武田勝頼夫人遺愛の松】がありました。
北条夫人の輿入れは14歳。
この僅か5年後に(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

チェブ

八田御朱印公園 (2020/12/26 訪問)

果樹園畑が広がる甲州市から笛吹市に移動し「八田家御朱印屋敷」に向かいました。

JR中央東線の石和温泉駅近くを通ると観光客や地元の方で賑わってました。
『GO TOトラベル、延期!!』の報道が出た後だったので、感染大丈夫かな?という思いと、たくさんの温泉施設やホテルがあり、働く方々は がっかりしてるだろうな、という思いがグルグルしました。
コロナが、早く終息しますように!

「八田家御朱印屋敷」は整備された公園です。
今回 訪れた山梨県の屋敷跡・館跡、どの お宅もトイレがキレイでした。
整備が行き届いてます。

武田家の御蔵前衆、八田さんの館です。
御蔵前衆は財政管理。八田さんは商人でもあったようです。
1582年、武田家滅亡時、織田軍により館は焼失しましたが、すぐに徳川 家康さんの用材で「八田御朱印屋敷」再構築します。
1601年、書院を築きます。

公園には駐車場がありました。
石和陣屋から移築した門があり、そちら側からお邪魔しました。
茅葺き屋根の書院があり、庭園を散歩して公園側へ。
なにやら石のオブジェがありました。写真⑤⑥です。
残念な事に芸術的センスが欠けている私、、、。
なので武田家っぽい二枚を写しました。
石和キッズが遊んでいたので、端から端までは歩いてませんが、石和の歴史と風土をモチーフにしてる公園なんだそうです。
こんなにキレイに管理されていて、お金かけてるんだなと、嬉しく思いました。
ちなみに、
トイレがキレイ=金運アップ!です。
財政管理していた八田さんとトイレの金運アップ。
「八田家御朱印屋敷」はいつまでも、大切に管理されていく事、間違えないでしょう。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

昌官忠

妻と二人で埼玉/群馬/長野/山梨2泊3日の旅 (2020/10/14 訪問)

昇仙峡観光後、八田家御朱印公園駐車場(35.653535、138.641546)に駐車して攻城。
八田家御朱印屋敷の南側が公園になっていて駐車場もあります。書院、長屋門、土塁、堀、石垣が確認できます。書院に入る場合はお金が必要ですが、庭を見るだけなら無料です。
書院の横に八田の表札がかかったお宅がありましたが子孫の方でしょうか? 攻城時間は20分くらいでした。
ここから車で4分/1.4Kmの場所に「甲州ほうとう小作 石和駅前店」(35.647962、138.635813)があり、昼食は「ちゃんこほうとう?」を食しました。ほうとう専門店で色んな種類のほうとうが選べます。自分は量が多くて食べきれませんでした。
「甲州ほうとう小作 石和駅前店」から車で8分/3.6Kmの場所に「桔梗信玄餅テーマパーク」(35.647757、138.663775)があり、社員特価販売(3~5割引き)の商品をゲット。賞味期限の近いものや歪商品ですが味に問題はありません。工場見学は新型コロナの影響でできませんでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

🏯城好きのメガネ

「八田家屋敷」 (2020/03/23 訪問)

<オススメ>★★★★☆
八田家は武田氏の家臣で、家中の財政を担う御蔵前衆(蔵奉行)を務める一方で商業活動も行う在郷商人であった。武田氏滅亡後に織田方に焼き討ちされる。その後、甲斐を領有した徳川氏の庇護に入り、諸役免許状(朱印状)を受けて安堵され、有力郷士となる。表門は石和陣屋から移築したものである。現在、曲輪、土塁、書院、門(石和陣屋表門)などが遺されている。

<アクセス>
JR石和温泉駅 徒歩15分

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 平城
天守構造 なし
築城主 八田政清
築城年 天正10年(1582)
主な城主 八田氏(末木氏)
遺構 曲輪、土塁、書院、門(石和陣屋表門)
指定文化財 県史跡(八田家御朱印屋敷)
再建造物 石碑、説明板
住所 山梨県笛吹市石和町八田334
問い合わせ先 笛吹市教育委員会文化財課
問い合わせ先電話番号 055-261-3342