れんぽうやしき

連方屋敷

山梨県山梨市


旧国名 : 甲斐

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

昌官忠

妻と二人で埼玉/群馬/長野/山梨2泊3日の旅 (2020/10/14 訪問)

妻が宿泊先のホテルで寝ている間に連方屋敷説明板前の空スペース(35.693899、138.704708)に駐車して攻城。
北側と西側が高い土塁と堀に囲まれています。説明板は北側にあります。攻城時間は15分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

🏯城好きのメガネ

「連方屋敷」 (2020/03/23 訪問)

<オススメ>★★★★☆
連方屋敷は武田氏の蔵前衆である古屋氏の居城とされる。蔵前衆とは武田氏の直轄領からの年貢や銭貨などが貯蔵された御蔵を管理・運営する役人で勘定奉行の管理下に置かれていた。また金山衆とともに鉱山開発及び管理を行っていたとされる。そのため交通の要所に置かれ武田氏の経済を支える重要な拠点であったとされる。しかしながら、連方屋敷に関する史料は乏しく築城者や呼称の由来は定説化したものはない。現在、土塁や堀が遺されている。

<アクセス>
JR東山梨駅 徒歩10分

+ 続きを読む

東山梨駅より (2019/11/16 訪問)

東山梨駅から徒歩5分くらいで行くことができます。屋敷跡は整備され土塁、空堀を見ることができます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

勝沼氏館を終わって寄りましたⅡ (2017/05/04 訪問)

 一昨年の5月連休山梨県甲州市勝沼氏館、於曾屋敷を終わって近くの山梨市連方屋敷にチョイ寄りJR東山梨駅を南東に細い道を抜けると拡張した広い道、駐車場は見つからず屋敷跡南側にエンジンをつけっぱなしで路駐。
 そこくさと探訪撮影広く公園化した屋敷跡です、北側に低い土塁が一直線に目に付きました、南東方面に頭を出した富士山を発見。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 平城
天守構造 なし
築城主 不明
築城年 鎌倉時代~南北朝時代
主な城主 古屋氏
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)
指定文化財 県史跡(連方屋敷)
再建造物 石碑、説明板
住所 山梨県山梨市三ヶ所上新町他
問い合わせ先 山梨市教育委員会生涯学習課文化財担当
問い合わせ先電話番号 0553-22-1111