続日本100名城

あきたのき/あきたじょう

秋田城

秋田県秋田市


旧国名 : 出羽

投稿する
秋田城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ぎりょう

秋田三城巡り 秋田城 (2021/10/08 訪問)

三城巡りの三ヵ所目は秋田城。言わずと知れた最北の古代城柵官衙遺跡である。まずは基礎知識を仕入れに「秋田市立秋田城跡歴史資料館」へ。なにぶん私は古代城柵についての知識を持ち合わせておらず、秋田城も胆沢城や志波城のように平地に築地塀と大溝を巡らせ、四方に門と櫓を配置した構造と思いこんでいた。秋田城は平野部の東端旧雄物川に近い高清水岡と呼ばれる丘陵部に位置している。
また、出羽の国府として行政・軍事機関としての役割のほかに、北東北(津軽地方)や蝦夷(北海道)など当時律令国家の支配の及ばない地域や渤海国(中国東北部)との交易や外交の窓口としての役割を担っていたという。その証しとして大陸からの来航者が使用した奈良時代の水洗トイレの遺構が発掘され、復元されている。
また外郭の東の門や政庁跡も見どころ。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

2巡目の続日本100名城のスタンプラリー41城目 (2021/08/08 訪問)

赤れんが郷土館にて「あきた羽州街道」なる小冊子を頂きましたので、歩いて土崎のホテルに向けて羽州街道をたどることとしました。その途中で秋田城資料館にも立ち寄ってスタンプをゲットしました。勿論、古代の水洗トイレにも脚を伸ばしましたとも。これがなかったら続100名城に選ばれることはなかったと今でも思っています。かなり暑い日だったので大汗をかいてしまいました。ホテルの部屋飲みのビールのうまかったことと云ったら。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

トベシュン

2020 東北城巡り (2020/11/09 訪問)

二泊三日東北城巡り、初日は岩手の城をめぐりしました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

にのまる

「最北の古代城柵官衙遺跡」 (2021/07/03 訪問)

 最初に秋田城跡歴史資料館へ行きました。前回訪問時にここで見た展示や資料で東日本の古代城柵に心酔し、ほかのところもぼちぼちとまわっているのですが、展示されている出土品の一つ一つにやっぱりドキドキしてきます。人面墨書土器の人面さんと目が合ってドキッ☆とかも……。
 1200年以上前の人々の暮らしを語る出土品を見ていると、歴史を知るということは人生を信じられないくらい長くしてくれているのだと思えてきます。自分の記憶を辿るわけではないのにどんどんインプットされていく“過去”。
 どうせならたくさんの歴史を知って、「私の人生めっちゃ長くて濃い!」「もう1200年も生きたわ!」って思いたいです*\(^o^)/*

 そして、史跡公園へ向かったのですが、歴史資料館と史跡公園を結ぶ連絡橋の工事をしていました。来春完成予定で、橋の上にはかつて存在した門の一部も復元されるのだそうです。すごくかっこよくなりそう!でも、ということは、今のわかりにくいけれど突然目の前に別世界が現れる入り口にきゅんっ♡とできるのは、あと少しの間なのかもしれません。
 政庁跡に足を踏み入れてまずびっくりしたのは写真⑦です。写真⑧はちょうど3年前の写真。まさかの全く同じ光景。この子たち(同じ子ではないかも?)いつもここにいらっしゃるのでしょうか?
 城内はとにかくきれいだし独り占めだし、見るものがたくさんあって存分に楽しむことができました。前回は雨でしっとりとした雰囲気を、今回は晴天だったので遠くまで見通せてよりそのスケールを実感することができました。次回チャンスがあれば雪景色の中を歩いてみたいです。絶対にきれいだ……。
 写真⑨のスタンプは2か所で完成しました。写真⑩は少し離れた道路沿いにある城址碑です。旧雄物川に迫る外郭の広さを感じました。


【お城川柳120】
城景を切り取り魅せる古代門

額縁のような城門がその先の景色を美しく切り取って見せてくれます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 古代城柵
築城年代 天平5年(733)
築城者 大和朝廷
主要城主 秋田城介(鎮秋田城国司)
文化財史跡区分 国史跡(秋田城跡)
天守の現況・形態 なし
主な関連施設 外郭東門、築地塀、水洗厠舎、碑、説明板
主な遺構 築地、土塁、建物跡、住居跡
住所 秋田県秋田市寺内大畑
問い合わせ先 秋田市立秋田城跡歴史資料館
問い合わせ先電話番号 018-845-1837