続日本100名城

なみおかじょう

浪岡城

青森県青森市

別名 : 浪岡御所
旧国名 : 陸奥

投稿する
浪岡城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

Kimoくん

名族北畠氏の城館跡 (2022/10/19 訪問)

先月の宮崎から寒くなる前に一路青森へ。案内所で城館跡模型を見学し散策マップを頂いて登城開始。内館、猿楽館、北館、西館4エリアが城域とされ、東館、未調査の検校館、道路を挟んだ場所にある新館と一部史跡外となる外郭とされるエリアを含み城館域とされています。
内館は城主の居所や政庁とされており、北館は家臣が住んでいた武家屋敷と考えられ板塀で囲われた形で区画されています。
案内所から順路標識に従って猿楽館→東館→北館→内館と周り浪岡川沿いに案内所に戻るのが基本ルートで30分程度。説明版や復元された土塁跡などが整備されており、出土した武具・武器・生活用品などは近くにある青森市中世の館に展示されています。尚、青森市中世の館ロビーには南部氏の城のパネルもあります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

橋吉

浪岡川の河岸段丘 (2022/08/08 訪問)

青森市中世の館に浪岡城跡から出土した遺物が展示されています。
残念ながら休館日でしたが、続日本100名城スタンプは入口で押すことができました。

ここから、城跡へはバイクで移動して駐車場に止めて散策しました。
浪岡城跡案内所も休館日でした。
青森市中世の館と休みをズラしていただけるとありがたいです。

散策コースに従って、見て回りました。
猿楽館→東館→北館→西館→内館というコースです。

南を流れる浪岡川の河岸段丘を利用して作られています。
堀の中央には中土塁があって仕切となっているのがこの城の特徴です。

所要時間:40分

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

Fカット

資料館が見れなかった。

調べて行かなかったので青森市中世の館は月曜日と第三日曜日が休館日で訪問できなたったです。(泣)スタンプは入口に設置されてありました。城跡案内所の駐車場に移動したらここも締まっていました。城址跡は見学ができたので堪能できました。全体地図の模型も設置してありました。

+ 続きを読む

カルビン

日帰りは無理があったか・・・ (2018/06/17 訪問)

当時個人的続100名城スタンプ巡り全盛期で、週一でスタンプの旅に出るという、今にして思うと家計に非常に厳しい事をやっておりました(汗)
しかもテンション高いもんだから1日でも空けばLet's GO!みたいな所があり、日曜日に時間が取れて東京から日帰りで急遽向かったのが九戸城と浪岡城(ーДー;)
・・・九戸城が再訪なので時間的に行ける!と強行したのが今に思うと正解だったのかどうか・・・

新青森駅から特急で浪岡駅に着き、そこで早めに続100名城スタンプを入手しつつレンタサイクル手配し、蒸し暑い中浪岡城に到着。
(この時は駅に続100名城スタンプがあった)

ファーストインパクトは栃木県にある桜町陣屋に雰囲気似ていて、少しだけ同じ青森県にある根城の面影があるかな~?といった感覚でした。
訪問時期が悪すぎたのか一部を除き堀が草ボウボウで、メリハリが解り辛かった事・・・更に複数の館跡で蜘蛛の巣に突入してしまって糸や虫の死骸まみれになるという・・・更に更に資料館が休日だったという踏んだり蹴ったりでorz

しかも元祖・続合わせた100名城の中ではやはり規模や遺構のインパクト等は下から数えた方が良いレベルのお城だったのが至極残念でした・・・名城という名でなければ納得行ったんでしょうけどね。。。


思いの外見学時間が短くなったので早めに帰れるかな?~と新青森駅までは順調だったのですが、この日仙台駅付近で下りの新幹線が故障の為動かなくなり、14時の新青森駅発の新幹線が30分発車遅れ、更に新八戸駅でなんと4時間缶詰に(駅のホームには降りられた)なりました・・・な~んて日だ!!!

流石に20時迄に発車しなかったここで泊まりで月曜日会社休むしかないな・・・と思っていたらその15分前に新幹線動きだし、ギリ終電前に自宅に帰れました。。。今にして思えば良い思い出です(新幹線の特急料金全額払い戻しのおかげでこの日の厄払いとなりましたw)

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 応仁年間(1467〜1469)
築城者 北畠顕義
主要城主 北畠(浪岡)氏
文化財史跡区分 国史跡(浪岡城跡)
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)
住所 青森県青森市浪岡大字浪岡岡田43
問い合わせ先 青森市教育委員会事務局文化財課
問い合わせ先電話番号 017-718-1392