たてやまじょう

館山城

千葉県館山市

別名 : 根古屋城
旧国名 : 安房

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

にのまる

【夏とお城】青春18きっぷ2回目 (2019/08/11 訪問)

長旅の果てに到着した館山駅には結構たくさんの人がいたのですが、みなさん館山城ではなく洲崎神社へ向かわれたようです。もう少し近ければ行ってみたかったです。
お城はすいていました。

八犬伝博物館となっている天守は模擬ですが、夏空に映えてかっこよかったです!
建物内では八犬伝ワールドが様々に繰り広げられていました。
展示物を一通り見て、最上階でお約束の破風入り遠望写真をパチリ📷

そして八遺臣のお墓へ。
戦国末期、里見氏10代忠義に仕え殉死した八遺臣(八犬伝のモデルになったとも言われている)の墓所は若干不安になる山道を進んだところにありました。
爽やか天守の広場とは全く違う雰囲気で、苔むしてはいましたが、新しめの塔婆立てにお盆だったからか塔婆も立てられていて、静かに大切に守られているという感じを受けました。

近道という名の山道を下り、博物館本館へ。
一階にあった里見氏のコーナー。
「ここではフィクションではなくホンモノの里見氏の歴史をお伝えします!」的なことがはっきりと書かれていて、山頂の八犬伝博物館とは完全に棲み分けしていました。
簡潔にわかりやすく、でも古文書や出土品などの史料と合わせて丁寧な解説で、なかでもお城が破却された際に堀に捨てられたと考えられる木材は手斧ではつられた跡もあり、へぇー!うゎー!おーっ!って感じでした。周辺の関連のお城もいつか行けたらいいのですが。
ここはクーラーが効いていて、火照った体も癒され、帰りに駅まで歩く英気も養われました٩(^‿^)۶

途中寄ってみた渚の駅には小さな水族館(生け簀ではない^^;)もありました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くろもり

江戸に向かう船に睨みを利かす (2015/02/11 訪問)

遺構は堀切や切岸しか残っていないので、石垣が好きな方には物足りないかもしれませんが、模擬天守の博物館分館があるのでそんなにお城に興味がない方でも楽しめる所ではないかと思います。

模擬天守からの館山湾(鏡ヶ浦)の眺めもよく、天気が良く空気が澄んでいる時は富士山も見えるそうです(当日、地元の方に富士山見えるよと教えて頂きました。山頂の三角がかろうじて見える程度だったのですが、コンディションがいいとはっきり見えるようです)。

「南総里見八犬伝」の八剣士のモデルとなった八遺臣の墓や、模擬天守の博物館は八犬伝の資料を展示しているので(写真撮影不可)、八犬伝好きな人は冥利に尽きる所だと思います。

時間に余裕があれば、「渚の駅たてやま」にある「館山夕日桟橋」で、鏡ヶ浦の船上から見る館山城の景色とほぼ同等の景色を見ることができ、江戸湾に出入りする船を監視するにはうってつけの城と実感することができたのでお勧めです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カルビン

【平成28年】南総里見八犬伝のモデル・八遺臣のお墓が (2016/11/12 訪問)

戦国時代、堕落した僧侶等や一向一揆等と戦った武家は数あれど、神社(鶴岡八幡宮)に攻撃を加えたのは里見くらいではないでしょうか?
あの信長でさえ神社には手を出したという話は聞いた事無いですし。

他にもあまり良い話を聞かない里見氏はどちらかと言うと嫌いな部類に入りますが、事お城巡りに関してはそれはそれでネタに使えるので訪問するには関係ありません(笑)


初めて行った時の写真は模擬天守が修繕中で、中も撮影禁止なので写真映えしませんでした。

2年半経って再訪した際には前回良く解っていなかった事もあったので隅々見学。。。が、やはり模擬天守以外にお城らしい遺構は少なかったです。
(八遺臣のお墓の附近に土塁、堀、虎口があるくらいで、後は曲輪と思われる場所くらいしか見つけられず)

同じ千葉県の房総地区にある山城程お城としての見応えはなかったです。
が、桜の名所と言う事もあり、訪問するなら春先が良いでしょう・・・ちょっとupする時期遅かったかwww

ちなみに館山城はJR館山駅から徒歩25分前後かかります。。。一応駅前からバスが城下間近まで通ってますが、本数多くはないと思うので時間にご注意を。
車でなら広い無料駐車場があります。


あ、お城のピン復活しました。。。自分のPCのメモリ不足が原因だった模様・・・すいませんでしたorz

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

夏の雪だるま

里見氏の居城 (2017/09/30 訪問)

千葉県館山市の館山城です。1580年里見義頼により築城されています。1614年里見氏は大久保忠隣事件で嫌疑をかけられ改易となり館山城も廃城・破却されています。その後1781年稲葉氏が館山藩主となるも城を再建することなく、城の麓に陣屋を構えたとされます。城は、標高75mの城山山頂に天守閣を持つ本丸、二の丸の外、複数の郭を配し、麓の総構に、飛び地の鹿島領民が造ったとされる鹿島堀が廻らされていたとされます。現在城跡は、里見氏改易後破却され、さらに、本丸・二の丸が戦時中高射砲陣地を築くため大きく削られたため、遺構はほとんど残っておらず、現在、本丸跡に模擬天守が建てられ博物館として利用され、有名な架空の物語の南総里見八犬伝関係が展示されています。里見氏関係の歴史は、麓の市立博物館に展示されています。また改易後、伯耆国倉吉に配流となった里見氏は倉吉で死去、このとき殉死した八人の忠臣の遺骨が密かに持ち帰られ葬られた、八遺臣の墓が模擬天守から南側の義康御殿跡の梅園の先の城山中腹にあり、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」はこの八人をモデルにしたと言われています。その先の麓には、館山藩陣屋跡に古く小さな神社が祭られ、その先の城山の南東の慈恩院門前に鹿島堀が一部残って言います。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 連郭式山城
天守構造 型式不明[3重/築年不明/破却]、独立式望楼型[3重4階/1982年築/RC造模擬]
築城主 里見氏
築城年 天正8年(1580)頃
主な改修者 里見義康
主な城主 里見氏
廃城年 慶長19年(1614)
遺構 曲輪、堀切、横堀(空堀)、横堀(水堀)
指定文化財 市史跡
再建造物 模擬天守、石碑、説明板
住所 千葉県館山市館山字城山2160他
問い合わせ先 館山市生涯学習課社教文化係文化財係
問い合わせ先電話番号 0470-22-3698