いいのじんや

飯野陣屋

千葉県富津市


旧国名 : 上総

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

日本三大陣屋 (2021/12/03 訪問)

 日本三大陣屋のひとつです。水堀はわかりますが、土塁は木が茂っているためか、よくわかりませんでした。
JR青堀駅より徒歩15分くらいです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

肉球

陣屋ですが広大な敷地です (2021/03/25 訪問)

保科氏17,000石の大名陣屋とあってとても広いです。
幅はありませんが水堀が残っています。
この辺りは古墳が多く陣屋敷地内にも古墳が存在していて
南側にある亀塚古墳付近は牢屋敷が存在したようです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

昌官忠

房総日帰り攻城Ⅳ③:飯野陣屋 (2019/06/26 訪問)

真武根陣屋から転戦。車で30分くらいで着きました。
飯野神社前(35.320640、139.863382)に駐車して攻城しました。

創建年代については諸説あるそうですが、飯野藩の藩主であった保科氏が加増の結果、大名となった1648年に飯野藩の藩庁として、保科正直の三男である保科弾正忠正貞によって築かれた説が有力だそうです。
構造的に防衛を考慮された城郭的色彩が強い点などから、江戸時代以前に既存の城郭があって、飯野藩の成立後に増改築がなされたとの説もあります。
廃藩置県後、飯野陣屋は一時飯野県の県庁として利用されましたが、飯野県が木更津県に合併された後は利用されることもなく、陣屋内に居住していた旧飯野藩士もやがて離散し、遺棄されました。
越前・敦賀陣屋、周防・徳山城(徳山陣屋)とともに三大陣屋に数えられています。
陣屋当時の建物はすでにありませんが、現在も土塁と水堀が状態良く保存されており、「飯野陣屋濠跡」として県の史跡に指定されています。
二の丸跡には飯野神社が建立されています。

ナビで導かれ飯野神社前に駐車。陣屋の概念図を見た後、参道を戻り飯野陣屋濠跡の石碑を確認し、土塁と堀を堪能。
攻城時間は20分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ひろ

飯野陣屋 (2021/01/27 訪問)

御城印もらいました。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 陣屋(古墳利用)
天守構造 なし
築城主 保科正貞
築城年 慶安元年(1648)?
主な城主 保科氏
廃城年 明治4年(1871)
遺構 土塁、横堀(水堀)
指定文化財 県史跡(飯野陣屋濠跡)
再建造物 石碑、説明板
住所 千葉県富津市下飯野833他
問い合わせ先 富津市役所教育部生涯学習課
問い合わせ先電話番号 0439-80-1342