くるりじょう

久留里城

千葉県君津市

別名 : 雨城、霧降城、浦田城
旧国名 : 上総

投稿する
模擬天守
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

T-Shionoya

久留里城訪問 (2004/12/26 訪問)

過去のお城巡りの振り返り、第16段は千葉県君津市の久留里城。

房総半島で最も長い小櫃川を、木更津の河口から約30km上った場所に位置する久留里エリアは、川が丘陵地から平地をつくり出す切り替わりのポイント。
その東側、比高約100mの山を城郭とした久留里城。
室町期は上総武田氏の領地でしたが、その衰退により安房の里見氏が勢力を北へ拡大。
正確な時期ははっきりしないものの、1540年ごろに義堯よって久留里城は里見氏の本拠となり、里見氏の全盛期を飾ります。
しかし秀吉の小田原征伐後、里見氏の領地は安房に縮小。
近世城郭に改修されつつ、江戸初期は土屋氏、江戸後期は黒田氏が城主を務めました。

現在も堀切などの山城遺構が残っており、二ノ丸には資料館、本丸には江戸期の雰囲気を再現した模擬天守。

17年前の訪問時の記憶はもう薄いのですが・・・
写真から1時間半は滞在しており、山城素人なりに楽しめた記憶が残る久留里城です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

雨城 (2021/12/04 訪問)

 JR久留里駅より徒歩にて登城しました。約20分弱くらいで駐車場まで行くことができます。主要な登城路は整備されています。久留里曲輪の先に見事な堀切がありました。その後の尾根にもありそうであしたが、倒木があり道もよくわからず断念しました。また本丸から東尾根に向かう所にもいい堀切がありました。怒田尾根にも行きましたが道が崖沿いで怖かったので途中までで撤退しています。各尾根を丹念に探索するといい遺構が見られるような気がします。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

テンちゃん

久留里城 登城 (2021/11/19 訪問)

里見氏の本拠であった久留里城を訪問しました。駐車場から模擬天守まで結構な坂道で疲れました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

三浦の晃ちゃん

お城川柳

くるりでも、クルリと回れぬ、久留里城

「くるり」という、地名ですが、なかなか、簡単に(つまり、クルリと、)、行かれないのが、久留里城だったなと、思ったので、詠んでみました。
すいません。大塚商会レベルです。(笑)

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 連郭式山城
天守構造 型式不明[2重2階?/1724年築/破却(廃城令)]、独立式望楼型[2重3階/1979年築/RC造模擬]
築城主 武田信長
築城年 康正2年(1456)
主な改修者 里見義堯、黒田直純
主な城主 真里谷武田氏、里見氏、後北条氏、大須賀氏、土屋氏、黒田氏
廃城年 明治5年(1872)
遺構 曲輪、土塁、堀切、土橋、井戸
再建造物 模擬天守、碑、説明板
住所 千葉県君津市久留里448
問い合わせ先 久留里城資料館
問い合わせ先電話番号 0439-27-3478