前田慶次の自腹でお城めぐり 【第2回】凸犬山城(後編)~尾張を支える国宝~

お城に関する豊富な知識を持つ「名古屋おもてなし武将隊」の一員・前田慶次が、全国のお城を実際にめぐりながら歴史・特徴・魅力を解説。今回は、東海圏で唯一の国宝天守閣を誇る「犬山城」の後編。廻縁にも出ることができる現存天守の内部から、多くの店でにぎわう城下町まで、見どころを余すところなく解説します。


皆の衆、我こそは名古屋おもてなし武将隊天下御免ノ傾奇者前田慶次である。
此度(こたび)城びとと同盟を結び、此の前田慶次が連載を持つ事と相成った。
先ずは、名乗りを上げよう。

前田慶次の自腹でお城めぐり

前田慶次齢四七七歳。戦国の世では天下御免ノ傾奇者として名を馳せ申した。現世に蘇りは名古屋おもてなし武将隊の一角として、名古屋城を拠点に名古屋を世界一の観光都市にするが為、日々戦働きに勤しむ。

演武といったパフォーマンスなるものを披露し、電波放送戦(テレビやラジオ)は常戦番組(レギュラー)持ち、全国各地に遠征を繰り広げる。
本年で結成十周年を迎え、全国の武将隊の先駆けとして日ノ本を代表とする武将隊である。
して、儂前田慶次は現世に蘇り歴史の語り部として多くの戦に出陣して参った。

伝統芸能を伝える舞台出陣、歴史学者との対談、寺子屋(学校)での歴史授業。
名古屋城検定名誉顧問に叙任され、検定過去最高得点を叩き出す。日本城郭検定にも挑戦し合格。
日ノ本が誇る歴史文化をより多くの者に伝えるべく、此度から城びとでの連載を始める次第。

題して
 
前田慶次の自腹でお城めぐり、犬山城

【前田慶次の自腹でお城めぐり】

他の連載と何が違うのか!?

・現世に生きる戦国武将自らが感じたことを紹介!
・傾奇者による城郭魅力度数値化!
・城巡りの手引書(案内)となる!
・地域の特色を織り交ぜ、観光が楽しくなる!
・イケメン(前田慶次)が見れる!
・要点を抑えた紹介!
・兎に角分かりやすい!

全国の城に直接己が足で出向き、城の見方、歴史を伝え、其の城の傾き所(見所)や天守閣、男前田度(イケメン)を前田慶次の独断で評価する。
歴史初心者から玄人まで楽しめる、国宝連載となっておる。

ただ城を巡るのではなく! 儂の金子(金)で城に登城する。つまり限られた金子で巡る
旅の道中劇にも注目してもらいたい!!
また巡り方については、王道の道順を歩む故に参考にすると良い。

凸前回に引き続き紹介するは犬山城

 
魅力度、犬山城
※前編はこちら


天守閣入口まで参った。
いざ、入城!…の前に。

【天守閣基本情報】

天守構造:複合式望楼型天守閣
外観:三重四階地下二階
天守閣:高さ一九メートル
石垣:高さ五メートル

 犬山城、階段

急な階段は現世の者には難儀か?
 
犬山城、階段

前田慶次は二秒で登れるぞ!!(当たり前田)
 
犬山城、石垣

【穴蔵(地下室)】

傾き所 現存天守等は小木材が見所。
歴史を刻んだ柱と石垣が四〇〇年の時を超え今も支える。仕上がりがゴツゴツしておるのは、
鉋(かんな)ではなく釿(ちょうな)で削った為。
 
犬山城、四つの間

【一階 四つの間】

一階は納戸の間で四つの部屋に区分けられ廊下は武者走りと呼ばれておる。

 犬山城、四つの間

今は甲冑が展示されておるが、こちら個人所有が寄贈されたもの。
武士の魂を現世の者が紡いでくれておることに嬉しくなり申した。 

犬山城、鬼瓦

傾き所 此の鬼瓦は江戸時代初期のもの。
亀が宝珠を背負い歩く姿は吉祥(きちじょう)=繁栄とされており
建築物の中心となる鬼瓦に込められた想い、意味を皆にも知ってもらいたい!
 
犬山城、上段の間

【上段の間】

武者走りの中心には上段の間が築かれており
城主が客人と謁見する時に使用された。
城主を守る備えとして武者隠しという隠し扉もある。

 犬山城、上段の間

【二階 武具の間】

中央部屋に武具棚を設ける。戦の折には太刀、弓を取り武者走りへと駆け出す事が想像できよう?
戦の中心となる二階!!
 
犬山城、破風の間

【三階 破風の間】

傾き所 江戸時代に成瀬家によって増築された三階と四階。
破風の間とも呼ばれ唐破風の空間に入ることができる。
現世では貴重な経験故に、皆も己の身体を持って大きさを実感するが良い!
参考:前田慶次(477歳 体格六尺=182センチ)

犬山城、高欄の間

【四階 高欄の間】

遂に犬山城天守閣の頂上四階に参った。
赤き毛氈(もうせん)が敷かれる高欄の間は、格式の高さを感じる。
して、歴代城主であったり犬山城にとって重要な人物の肖像画が飾られる。
此方は、豊臣秀吉様。
秀吉様は小牧・長久手の戦いにて犬山城に本陣を置いた故に
歴史的重要性を高める。
秀吉様を始め歴代の強者が、天下統一を夢に見た景色がこれじゃ!!

犬山城、天守閣
 

【天守閣 廻縁(まわりえん)】 

絶景であろう!?

傾き所 廻縁は今となっては犬山城と高知城しか出ることが出来ぬ。
儂でも天守閣の廻縁に出ることは経験として少ない…。
故に主等にとっては贅沢な経験といえよう。
景色は犬山の城下町、木曽川、小牧山城、稲葉山城(岐阜城)と眺めることができる。
つまり、今の岐阜県と愛知県を結ぶ戦の要!
敵国であった美濃国は斎藤家の動きを監視をした。
木曽川の存在が町作りに大きく貢献し、名古屋城築城にも尽力した。

犬山城、瓦
 
傾き所 瓦に注目!!
 
犬山城、瓦

亀の甲羅に桃が乗った瓦は長寿と魔除けの文様として使われる。
細かい見所であるが、此れは実に珍しいのう。

犬山城、華頭窓
 
傾き所 華頭窓(かとうまど)。
中国から伝来した窓。寺社によく見られる此の窓は炎の形や花の形にしたもの。
格式が高い窓で御座るが見て分かる通り

壁に窓枠のみ!?

左様。犬山城の此れは装飾として使われるのみ。

成瀬家の増築は江戸時代。
天守閣は城主の権威を示す。城は政治として利用する時代。
他家の大名等が犬山城を見て
「犬山様は貧乏じゃなあ」と思われてはお家の名折れ
お家の格式を高める為に天守閣の装飾には拘った江戸時代!
その証が華頭窓であった!

犬山城、土産屋
 

【本丸 土産屋前】

ここから犬山名物げんこつを食べながら天守閣を見るのも一興!
先程の華頭窓が綺麗に見える。
計算して造られた事が分かる。徳川家重臣は成瀬家の威信誠に天晴である!

此処で我が連載の目玉!
天守男前田度を発表!
 
犬山城、花火
(画像提供:犬山市役所観光交流課)

犬山城天守男前田度は…

八〇点!!!!
 
現存する歴史ある面構え!付櫓と石落としを備えた一階、二階は重厚感溢れる戦国の風を感じさせる。
然し乍ら、三階四階は拘りのディテール(細部)!
江戸時代最先端の面構えには華頭窓を備えた。新田真剣佑殿ばりの当世顔!
アクセサリーには亀と桃の瓦! 可愛いも兼ねるは今時を抑えておる。
現存にして国宝と言う生きる伝説。犬山城天守は八〇点!!
花火や桜と共に写すと、より美しく男前田になり申す!

さぁ、此度認めた犬山城についてはほんの一部である。
実際に犬山城に足を運び、歴史と文化を感じてもらいたい。

以上

魅力度、犬山城

【他所道日記】

犬山城は城下町も実に見所が御座る。
一部を紹介して参ろう。

犬山城、三光稲荷神社

【三光稲荷神社(さんこういなりじんじゃ)】

良縁を結ぶ話題の神社!
犬山城の敷地内にある故に合わせて参りたい。
成瀬家の守護神である此の神社は、銭洗い池で銭を洗うと何倍にも返ってくるという事で
現世の絵巻(テレビドラマ)【半沢直樹】で有名な台詞
「倍返しじゃ!」
と重なり、倍返し神社とも呼ばれておる。
また、それだけでにゃー。
 
 犬山城、三光稲荷神社

犬山城、三光稲荷神社

愛型絵馬が若人にインスタ映えなるもので人気を博しておる。
此の日も多くの恋人達や若人が願掛けに参っておったのう。

儂も名古屋を世界一観光都市に導かんが為、頼み申した。

犬山城、山田五平餅店
 
傾き所 城下町では食べ歩き。

山田五平餅店では団子の紋でできた瓦があったりと面白い店である。
五平餅が有名で儂も食べてみた!

犬山城、山田五平餅店
 
美味し団子と濃いめの茶が絶妙に合う!!
亭主が気前のええ御仁!
 
犬山城、山田五平餅店

儂と城びとのコラボなる張り紙も貼ってくれた!
ありがとさんじゃーーーー。
 
犬山城、恋みくじ

【恋みくじ】

こちらは昭和横丁 七福亭あきな。
恋みくじが付いておる愛型のアイスなるものが売っておる。
神社然り、若人人気を博す理由が分かる。
傾いた土産、飯、仕掛けが数多ある。

 犬山城、恋みくじ

此方も張り紙を貼ってくれたのう。
ありがとさんじゃーーーー。

何度見ても此の儂…可愛ええな。

犬山城、茶処くらや

昭和横丁 茶処くらや
此処も若人に人気で列を成しておった!!
 
犬山城、団子

愛い見た目と季節の食材を取り入れる団子は唯一無二!

犬山城、氷菓楼 仁

氷菓楼 仁
「死ぬほど美味いよもぎ」が売っておる!
傾奇者前田慶次は此の店看板が気に入った。
しからば、店の奥から何と鷹が出てきた!!
簡単ではあるが鷹狩りの体験をさせてもらった。
男前な鷹で儂も満足ぞ!!

 犬山城、旧磯辺家住宅

【旧磯辺家住宅 文化財】

当時の家が残る。
敷地の窓口が狭く、奥行きは広い。
当時の年貢(税金)は窓口の広さで決められた故に、対策として狭く造られた。
土蔵の外壁は白漆喰がかまぼこ状に盛り上がる【なまこ壁】という工法で造られておる。

 犬山城、犬山祭

【犬山祭】

国の重要無形民族文化財指定。
一六三五年から犬山城下町では毎年犬山祭が執り行われ、大変な賑わいを見せる。
それを支える山車!!
三階建てで高さ約十メートル。
江戸時代から続く此の祭を見に全国より祭好き達が集う。

さあ。未だまだ傾き所がある犬山であるが
犬山城と共に城下町も皆楽しんで参れ!
 
犬山城

【残金】6910円
此度の城めぐりで残った金子はこちら。
主等も参考にせよ。

犬山城、前田慶次

以上

名古屋おもてなし武将隊
天下御免ノ傾奇者 名古屋城検定名誉顧問 城びと連載人
前田慶次郎利益

犬山城の基本情報
<住所>
愛知県犬山市犬山北古券65-2
<開園時間>
9:00~17:00(入場は16:30まで)
<休園日>
12月29日~12月31日
<アクセス>
犬山駅から徒歩20分
・名鉄名古屋駅から犬山駅まで 名鉄快速特急25分
・中部国際空港セントレアから犬山駅まで 名鉄ミュースカイ55分 

凸伝令

 
前田慶次、名古屋おもてなし武将隊、名古屋城

名古屋おもてなし武将隊10周年!
ホームページ https://busho-tai.jp/


執筆・写真/前田慶次(名古屋おもてなし武将隊)