前田慶次の自腹でお城めぐり 【第1回】凸名古屋城(後編) ~武将隊の聖地~

「おもてなし武将隊」の先駆けであり名古屋を拠点に活躍する「名古屋おもてなし武将隊」の一員・前田慶次殿による新連載の第一弾「名古屋城」の後編! お城に関する豊富な知識を持つ前田慶次殿が、全国のお城を実際にめぐりながら歴史・特徴・魅力を解説します。本丸御殿と天守閣はもちろん、名古屋城に訪れた際にはぜひ立ち寄ってほしい場所とは!?

皆の衆、こんにちは御座る。
我こそは名古屋おもてなし武将隊天下御免ノ傾奇者前田慶次郎利益である。
此度(こたび)城びとと同盟を結び、此の前田慶次が連載を持つ事と相成った。

題して
 
前田慶次、名古屋おもてなし武将隊、名古屋城

【前田慶次の自腹でお城めぐり】

前田慶次(477歳)
・名古屋おもてなし武将隊(結成10年)
・日本城郭検定2級
・名古屋城検定上級(過去最高得点)
・名古屋を拠点に全国各地で戦に励む

他の連載と何が違うのか!?

・現世に生きる戦国武将自らが感じたことを紹介!
・傾奇者による城郭魅力度数値化!
・城巡りの手引書(案内)となる!
・地域の特色を織り交ぜ、観光が楽しくなる!
・イケメン(前田慶次)が見れる!
・要点を抑えた紹介!
・兎に角分かりやすい!

全国の城に直接己が足で出向き、城の見方、歴史を伝え、其の城の傾き所(見所)や天守閣、男前田度(イケメン)を前田慶次の独断で評価する。
歴史初心者から玄人まで楽しめる、国宝連載となっておる。

ただ城を巡るのではなく! 儂の金子(金)で城に登城する。つまり限られた金子で巡る
旅の道中劇にも注目してもらいたい!!
また巡り方については、王道の道順を歩む故に参考にすると良い。



前回に引き続き紹介するは名古屋城

凸名古屋城最大の傾奇所 本丸御殿と天守閣を徹底解剖
西之丸、二之丸を行軍し本丸に突入。
表二之門を抜けるとお待ちかね!!

名古屋おもてなし武将隊、前田慶次、名古屋城

【本丸御殿】

名古屋城最大の傾き所 旧国宝第一号本丸御殿。
現世で完全復元を目指し昨年完成公開となった。復元に掛かった費用は一五〇億円!

時代により増築改築を繰り返した本丸御殿は
寛永期の最も豪華な時代(1633~1634頃)の本丸御殿を復元!
当時と同じ場所から木材を利用する復元率には感服致す。

木曽山の木曽桧を筆頭に樹齢を重ねた木材は高い物で一本一五〇〇万円を超える。
ふふふっふ。
此れを知らねば主等見逃しておったはずじゃ。

本丸御殿は大きく三つに区分でき表書院、対面所、上洛殿である。
藩主の居住空間から将軍の宿泊施設として用途が代わり、其の折に豪華絢爛な御殿へと生まれ変わったのじゃ。
障壁画、天井を始め豪華絢爛と言わしめる造りには圧倒される…。

障壁画を描いたのは当代一流の絵師集団狩野派!
三十を超える部屋の数、部屋ごとに造りが違う故にそこに注目して見ると、当時の武家社会を知ることができる!
つまり、室町時代と江戸時代の文化が入り混じっておる珍しき建築物である。
 
名古屋おもてなし武将隊、前田慶次、名古屋城

【表書院】

藩主との謁見の間となる。
権威を視覚的に表現しており、三之間、二之間、納戸之間、一之間、上段之間と部屋が別れており
障壁画は其々で四季を描いておる。

麝香猫(じゃこうねこ)が描かれおり、当時異国の動物は実に珍しく他家の人間が見たらば、徳川家の力を知る事となる。
表書院は元々大広間と呼ばれており三之間は三十九畳の広さ!
天井は格天井、小組格天井、折上げ小組格天井と細かな造りとなっており、権威の高さを表す。
目が幾つあっても足りぬ程に見所がある!
 
名古屋おもてなし武将隊、前田慶次、名古屋城

【対面所】

藩主の私的空間。身内と宴等を行う。
控え室としても利用される納戸次之間、納戸上段之間に加え次之間、上段之間がある。
初代藩主徳川義直(とくがわよしなお)と浅野家息女春姫(はるひめ)との婚儀に使用された場所でもある!

実物は残っていないが、清須より移築された松の柱に杉の天井で古式。
障壁画は風俗図となっており、人々の生活を描いておる。
生活模様でこちらも四季を表現し、当時テレビなるものが無い時代に部屋を見渡すだけで、様々な世界観を想像でき楽しむことができる。
 
名古屋おもてなし武将隊、前田慶次、名古屋城

名古屋おもてなし武将隊、前田慶次、名古屋城

【上洛殿】

将軍の宿泊施設。寛永期に増築され殿舎の中で比べても圧倒的な豪華さ。
然し乍ら、将軍が宿を利用したのはたったの六泊
名古屋離宮以後は天皇が五〇泊程したとか。

こちらも部屋数が多く注目すべきは、障壁画が水墨画に変化!
金地が最も豪華と思いがちな現世の民達!
実は、格式としては水墨画が最も高く表現力が格段に上がる。
描かれる絵は、中国王朝の政治。帝鑑図と申す!
将軍が天下の為の政(まつりごと)を思い、日ノ本を動かしておったと想像するのは浪漫があろう?

天井の仕切りに一つ一つ天井絵
長押上の欄間(らんま)は彫刻欄間、釘隠しは華美な飾り金具。
日本一豪華な書院造殿舎、それが名古屋城本丸御殿上洛殿である!

武家風書院造ならではの、各部屋の格式の変化。障壁画、天井を始め視覚で誰が使用する部屋か分かる。武士文化を知るであれば、本丸御殿に一度足を運ぶと良い。
また、御湯殿書院といった日本一の風呂も備わっておるぞ!!

本丸御殿を出て歩みを進めると名古屋の象徴、名古屋城天守が目の前に建つ。

 
名古屋おもてなし武将隊、前田慶次、名古屋城

【天守閣】

傾き所 籠城最強の備え!
天守閣は日本一の能力!
床延べ面積、最上階規模、破風の数、窓数、防火区画、防弾壁等々(日本一)。
白漆喰総塗籠造の壁には欅の板を仕込んでおり大砲にも耐えうる防御性。
江戸期に突入し戦も多様化。重火器戦にも抜かり無い備えっぷりは流石である!

また、畳の裏には海藻を敷き詰め長き籠城戦も耐える兵糧、鉛瓦を敷き詰めていざという時の鉄砲玉は約三十二万発!
天守は五重五階地下一階の層塔型天守である。当時の最新技術を持って築城された此の巨大天守は約四ヶ月と言う異例の早さで築城。
早いが鉄壁の守りに西国大名も恐れ入った。

名古屋おもてなし武将隊、前田慶次、名古屋城

【金鯱】

城郭の強さだけでなく金鯱(きんしゃち)にも注目される。
鯱は火除の神として我等の時代から飾っておった。金鯱となると天下人の城を示す
此の金鯱は世界進出をした過去があり、ウィーン万博に出陣し世界中の人々を魅了した。


此処で我が連載の目玉!

天守男前田度を発表


名古屋おもてなし武将隊、前田慶次、名古屋城
 
名古屋城天守男前田度は
九〇点!!!!
 
装飾である破風の数といい大きな千鳥破風をこれだけ美しく魅せるのは整っておる証。緑青色に錆びた銅瓦は、渋面とも言える。また、天下人の象徴金鯱は純金! 御洒落な拘りは城郭界のファッションリーダー!
背も高く整った顔面、歴史も深く、徳川の血統書付き!
大工棟梁・中井正清を始め当代一流の職人が手掛けし名古屋城天守は九〇点!!
天守前で是非記念に写し絵に収めるのじゃ! 名古屋城は映えるぞー!!

さぁ、此度認めた名古屋城についてはほんの一部である。
実際に名古屋城に足を運び、我等名古屋おもてなし武将隊と出会い歴史と文化を感じてもらいたい。

最後に最大の傾き所 完全復元!
本丸御殿復元を始め名古屋城は元の姿を取り戻しつつある。忠実に復元できるのは、過去の写真や実測図等の資料が残されておる点。此れは他の城郭に中々存在しておらず、復元したくともできぬ現実。名古屋城はこの先も変わり続ける。
一〇〇年先の名古屋城の姿を楽しみに日々の名古屋城を目に焼き付けて欲しい

以上 

 
名古屋城、前田慶次、名古屋おもてなし武将隊


【他所道日記】

 
名古屋おもてなし武将隊、前田慶次、名古屋城

【きしめん亭】

名古屋城内では名古屋名物きしめんを食す事ができる。
他にも茶庭を始め飲食を楽しむ空間がある故に食文化も楽しむとより名古屋文化を堪能できよう。
儂の勧めは串カツセット!

 
名古屋おもてなし武将隊、前田慶次、名古屋城

【名古屋おもてなし武将隊の土産】

何と土産屋には我等のグッズなる土産が販売されておる。
絵葉書はポストカードから手拭い、タオル等の実用品まで!
名古屋城を巡る際には、儂も監修した「天下一名古屋城」という書物がある故に
此の記事と合わせて巡れば、主はもう名古屋城博士であろう。
隅々まで名古屋城楽しんでくれ。

以上

名古屋おもてなし武将隊
天下御免ノ傾奇者 名古屋城検定名誉顧問 城びと連載人
前田慶次郎利益

名古屋城の基本情報
<住所>
愛知県名古屋市中区本丸1-1
<開園時間>
9:00~16:30(本丸御殿、西南隅櫓へのご入場は16時まで)
<休園日>
12月29日~1月1日(催事等により変更となる場合があります)
<アクセス>
■地下鉄
名城線 「市役所」 下車 7番出口より徒歩 5分
鶴舞線 「浅間町」 下車 1番出口より徒歩12分 
■名鉄
瀬戸線 「東大手」 下車 徒歩15分 
■市バス
栄13号系統(栄~安井町西) 「名古屋城正門前」下車すぐ
なごや観光ルートバス「メーグル」
「名古屋城」 下車すぐ
「名古屋城東・市役所」 下車 徒歩6分
なごや観光ルートバス「メーグル」の案内
基幹2号系統 「市役所」 下車 徒歩5分 

凸伝令

 
前田慶次、名古屋おもてなし武将隊、名古屋城

名古屋おもてなし武将隊10周年祭
11月30日 名古屋城にて新作演武披露
ホームページ https://busho-tai.jp/

執筆・写真/前田慶次(名古屋おもてなし武将隊)