前田慶次の自腹でお城めぐり 【第10回】凸大垣城 後編~東海圏が誇る天守~

お城に関する豊富な知識を持つ「名古屋おもてなし武将隊」の一員・前田慶次が、全国のお城を実際にめぐりながら歴史・特徴・魅力を解説。今回は、関ヶ原の戦いで西軍の本拠地に用いられた大垣城(岐阜県大垣市)の後編。いよいよ天守に乗り込んだ慶次が、天守について深く学べる趣向を凝らした展示や、城下のおすすめ名物グルメまで徹底的に紹介します

▶前編はこちら
【第10回】凸大垣城 前編~戸田家と大垣~
▶中編はこちら
【第10回】凸大垣城 中編~石垣に刻まれた歴史~

皆の衆、我こそは名古屋おもてなし武将隊天下御免ノ傾奇者前田慶次である。

此度(こたび)城びとと同盟を結び、此の前田慶次が連載を持つ事と相成った。
先ずは、名乗りを上げよう。

前田慶次

前田慶次齢四七九歳。戦国の世では天下御免ノ傾奇者として名を馳せ申した。現世に蘇りは名古屋おもてなし武将隊の一角として、名古屋城を拠点に名古屋を世界一の観光都市にせんが為、日々戦働きに勤しむ。

演武といったパフォーマンスなるものを披露し、電波放送戦(テレビやラジオ)は常戦番組(レギュラー)を持ち、全国各地に遠征を繰り広げる。
結成十二年目を迎え、全国の武将隊の先駆けとして日ノ本を代表とする武将隊である。
して、儂前田慶次は現世に蘇り歴史の語り部として多くの戦に出陣して参った。

伝統芸能を伝える舞台出陣、歴史学者との対談、寺子屋(学校)での歴史授業。
名古屋城検定名誉顧問に叙任され、検定過去最高得点を叩き出す。
日本城郭検定にも挑戦し合格。
日ノ本が誇る歴史文化をより多くの者に伝えるべく、此度から城びとでの連載を始める次第。

題して
 
前田慶次の自腹でお城めぐり、犬山城

【前田慶次の自腹でお城めぐり】

他の連載と何が違うのか!?

・現世に生きる戦国武将自らが感じたことを紹介!
・傾奇者による城郭魅力度数値化!
・城巡りの手引書(案内)となる!
・地域の特色を織り交ぜ、観光が楽しくなる!
・イケメン(前田慶次)が見れる!
・要点を抑えた紹介!
・兎に角分かりやすい!

全国の城に直接己が足で出向き、城の見方、歴史を伝え、
其の城の傾き所(見所)や天守閣、男前田度(イケメン)を前田慶次の独断で評価する。
歴史初心者から玄人まで楽しめる、国宝連載となっておる。

ただ城を巡るのではなく! 儂の金子(金)で城に登城する。つまり限られた金子で巡る
旅の道中劇にも注目してもらいたい!!
また巡り方については、王道の道順を歩む故に参考にすると良い。

大垣城 城郭の魅力度を数値化


大垣城

4層4階の珍しき天守閣と石垣が見所である!
関ヶ原の戦いの西軍の本拠地!
歴代城主には関白豊臣秀次も連ねる!

大垣城

【基本情報】

城郭構造:平城
主な築城者:竹腰尚綱
築城年:1500年?1535年?
廃城:1873年(明治6年廃城令の流れ)
指定文化財:大垣市指定史跡

【歴史】

■牛屋城の不透明な築城時代
1500年または1535年に築城されたと伝わる。築城当時は「牛屋城」と呼ばれた。

■改修を重ねていく!
1563年に氏家直元、1583年に池田恒興が拡大工事を行う。1596年、伊藤盛景が4重4階天守閣を築城!

■西軍の本拠地!
1600年、大垣城は水堀を何重にも張り巡らせ堅城として関ヶ原の戦いの西軍本拠地となる!
西軍の指揮を取った石田三成は大垣城から関ヶ原へ進軍した! 歴史的に重要な地である。

■廃城を乗り越えて国宝へ
1873年、廃城令が下され大垣城は廃城。
然し乍(なが)ら天守閣は壊される事無く残されて1936年に国宝指定!

戦国最大級の大戦「関ヶ原の戦い」の重要な拠点となった大垣城。
多くの城あれど、歴史的にここ迄重要な戦に関わる城は少ない。
西軍が選んだ大垣城の魅力とは?
儂自身も見て学び、その魅力を皆々に伝えて参る!
現在の大垣という水の都も気になる。

此度も楽しんで参ろう!いざ出陣!
おうーーーーーーーーー!!!!

大垣城、目次

大垣城、戸田氏鉄

【大垣の基礎を作った戸田氏鉄】

遂に大垣城後編と相成った!(前編から読んでちょーよ)
大垣公園側から見た大垣城天守は土塀や櫓に守られた構図!
手前の銅像は大垣城城主戸田氏鉄である!

大垣戸田家の歴史

三河国出自にして徳川家家臣。
氏鉄は徳川家康様の近習を務め、徳川様の姪と祝言(結婚)!
関ヶ原の戦い以後は加増され大名へ出世し各地へ移封。最終的に10万石で大垣藩主となる。
戸田家は明治時代に至るまで11代に及び、この地を治め申した。
中でも氏鉄は大垣城入城後
新田開発・治山治水事業・文教振興に力を尽くす。
藩政の基礎と共に大垣の豊かな町作りの礎を築いた!

大垣城、鉄門跡

公園から城内へ戻り鉄門跡! 天守より北面に位置する。
ご覧の通り足元に柱が建っていた痕跡を残す!
小ぶりな門であったようじゃが、鉄門は城内でも多く築城できるものではない!
大垣城にとって守りを強固にしたかった場所であることを示す。

大垣城、案内看板

【天守の秘密。化石?鬼?】

天守入口の案内看板にて天守の構造・歴史について知ることができる。
中でも気になった点は

■大垣城石垣には化石が使用されておる!
フズリナ・シカマイア・ウミナリ等の化石を目にすることができる!
東門(入城してきた門)には巻貝が見られる。

■大垣城天守の鬼瓦の下に【邪鬼】が使われておること。

大垣城、鬼瓦

【鬼面鬼瓦と邪鬼!?災い対策!?】

こちらの鬼瓦は実に珍しく儂も初めて目にした。
古くから鬼門(災いが来る方角) は重要視しており、
鬼=災いが入ってくるのを防ぐ為に何かと備えておった。
主に神社・不開門・石垣の一部等を欠落させる
大垣城の対策である此の鬼瓦は必見ぞ!

【場所】
天守三層南西隅に備わっており写し絵で上手く収める事ができず
こちらの記事で皆に見せることが叶わず残念至極である。
実際に見に行ってちょ!(正面で見るのはかなり難儀ぞ?)

大垣城、天守

【大垣城天守内へ】

多くの展示物にて登城者達が歴史を学ぶ事が叶う。
旧国宝指定されておった時分の大垣城の姿も映像で知ることができる!

大垣城、天守

天守らしく穴蔵(地下)へ進む気分も味わえる内部構造。
こちらの模型が見事で御座る。

大垣城、天守、模型

【天下分け目の大戦の聖地】

1600年関ヶ原の戦い。東西に武士が分かれて豊臣政権の内部抗争が起き申した。
大将は東軍徳川家康様。西軍毛利輝元様。
西軍は大将とは別に実際に指揮を執ったのが【石田三成】であった。
石田三成が拠点としたが此の大垣城である!

関ヶ原の戦いで西軍が敗戦したのは皆も良く知っているであろう。
然し乍ら、関ヶ原の戦いの前に【杭瀬川の戦い】が御座って
西軍は石田三成の右腕である島左近の活躍もあり此の戦に勝利しておる。
(西軍唯一の勝戦)

此のジオラマなる模型は西軍の勝戦である杭瀬川の戦いを表現!
この後に関ヶ原に移動して天下分け目の合戦が始まるのであった。

大垣城、天守、展示、武具馬具

【天守内部と申せば武具馬具!体験可能?】

何処の城の天守でも定番の展示物と申せば武具馬具!
大垣城では槍も複数展示しておりケースなる筒に納められておるわけではない故に
至近距離で確認することが出来、貴重である!

更に!
こちらの槍は螺鈿(らでん)作りになっており、
儂が嘗(かつ)て戦場を駆け巡った前田家の槍と同じ作りである!
まさか大垣の地にもあるとは。思わず写し絵を一枚!

更に更に!!
大垣城は太っ腹であった!

大垣城、天守、展示、武具馬具

大垣城では槍を持つ体験が叶う!(※流行病の影響で現在中止)
これは実に珍しき体験となろう。槍の重みと共に己に戦乱の武器をその肌で感じてみよ!

大垣城、天守、展示、天守鯱瓦

【再建大垣城天守鯱瓦】

此の鯱瓦は1959年、市民の寄附により大垣の象徴として再建され申した!
大垣城は名古屋城と同様で雌雄一対の鯱である!此れは西の鯱(雄)瓦である。
現在の天守鯱瓦は、2010年の改修工事の際に、焼失前の古写真等を参考に新たに復元され申した。

大垣城、天守、展示

大垣城、天守、展示

大垣の町についても知ることが出来申す。
西美濃の中心地にして美濃路としても栄えた。
城主松平忠良(1615年~)の時代から大きく発展したようじゃ。
総人口1万2千人の城下町を築いた大都市であった!

大垣城、天守、展示

大垣城、天守、展示

【東海が誇る名城】

大垣城は東海唯一の四重天守である。
また、1933年に木造で築城された郡上八幡城復興天守は国宝大垣城を見本としたのじゃ!
如何に貴重な存在であったか分かり申す。

複合式天守である大垣城天守は東西に単層の多聞櫓を備えた造りで実に珍しい。

大垣城、天守、展示、おあむ物語

中編で案内した【おあむ物語】については天守内部で絵図となり紹介される!
また、記事にはできなんだが、アニメーションなる絵巻も一部公開されており、
誰でも楽しめるようになっており大垣城の歴史への熱き想いが伺える。
童から齢を重ねた者、皆が大垣の歴史に興味が持てる工夫は誠に天晴である!

大垣城、天守、岐阜城

大垣城、天守、岐阜城

【天気が良ければ岐阜城も見える?】

天守の醍醐味の一つが景観であろう?
天気が良ければ岐阜城も見えるぞ! 儂程の視力があらば当たり前田!!
現在は大垣の発展した町並みを覗かせるわけじゃが
関ヶ原の戦いの中心地。東軍が如何に攻めてくるか物見足軽の他
石田三成自身も天守から見渡し、策を色々と講じておったであろう。

大垣城、前田慶次貼紙

【見つけて写し絵撮って拡散じゃ!】

大垣城天守内のとある所に城びと前田慶次貼紙を貼らせてもらった!
大垣城に登城した折には見つけてちょうよ!

隠れ三ツ木(ミッキー)的なものじゃ!!

大垣城、御城印

天守入口にて購入することが叶う!
戸田家と石田三成の共闘(コラボ)は大垣城だけ!

此処で長らく案内してくれた大垣城館長から伝令が!!

大垣城、天守

大垣城、天守

【館長大垣城を巡る為に肥前へ】

館長「大垣城は肥前(佐賀)にもありまして、先日行って参りました。是非ご覧下さい!」
慶次「肥前迄参ったのか!?」

肥前の大大名龍造寺隆信と有馬晴信の激戦の地にもなったようじゃ。
もとん松という【松】の木に関する伝説が肥前大垣城にもあり共通点もあり何処か運命を感じるものがある。
城主戸田氏鉄は島原の乱鎮圧の為に出陣しており、肥前大垣城の近くを通ったそうじゃ。
何故肥前の大垣城が大垣という名前になっておるのか、不透明ところが多いそうじゃが
戸田氏鉄は何か関係しておったらば、肥前と岐阜は兄弟分と言えよう。

館長の大垣城愛が良き哉。

では、此処でいつもの恒例!
天守の男前田度(イケメン)を発表致す!

大垣城、天守

大垣城天守男前田度90点!

此の天守は他に無い面構えを持っておる! 分かり易く此れが良い! 傾いておる!
四重天守というのは縁起の悪い数字ゆえに避けられ希少な存在に加え
鬼面鬼瓦と邪鬼という非常に珍しい組み合わせは、
現世で申せば格好良い×可愛い=カッコかわいいである!
また、近年は木造化復元、復興の流れがある中で
先陣を切って復興に着手した郡上八幡城が大垣城を手本としたというのは、
多くの城達の憧れ的存在と言っても過言ではなかろう!
国宝指定も受けた大垣城天守は顔面国宝でもある!

大垣城を無事攻め終わった所で腹が減った故に
前田慶次の自腹で城めぐり恒例の名物紹介じゃーーー!

大垣城、餅惣

【大垣名物を食す!】

大垣城から目の前に御座る、餅惣殿http://mochisou.com/)にやって参った!

大垣は水城。即ち水の都に候。
甘菓子も大変美味いと聞く!!

大垣城、餅惣

歴史深き菓子を発見ぞ!!

大垣城、餅惣、合戦まっ最中

【土産に誂え向き】

合戦まっ最中!
慶次「色々とうまい!!」

関ヶ原の戦いの聖地故に、石田三成や徳川家康様を模した菓子が御座る!
味も複数あり選ぶのに迷うのう。

慶次「迷いは戦で命取りになる。ならば!!」

大垣城、餅惣、水まんじゅう

【水まんじゅうも食べたい】

慶次「両方とも食す! いざ、実食!」

軍配は…
徳川家康様は尾張三河らしく味噌味仕立てで、儂好みであった!
石田三成はきな粉味でこれまた美味い故に是非食べてみてちょ!

また、餅惣殿の名物の一つが【水まんじゅう】
4月上旬~9月上旬の期間限定で「水まん氷」を販売します。
「水まんじゅう」が、ふわっふわの真っ白な氷で覆われ、白蜜がたっぷりかかっています。
※餅惣殿ホームページより

此度食す事が叶わなんだ故に次回参る折には必ず食べるぞ!
(また来る理由を作る)

大垣城、餅惣、前田慶次貼紙

餅惣殿の亭主が武将隊をよく知ってくれており
城びと前田慶次貼紙を快く貼ってくれ申した!
餅惣殿、誠に忝(かたじけ)のう御座った!

続いて。

大垣城、金蝶園総本家

【創業寛政10年 金蝶園総本家】


大垣駅目の前にある老舗の店がこちら!
江戸時代創業という伝統ある菓子屋で御座る。
大垣の町を支えてきた老舗故に外観も威風堂々としたものじゃ。

店内の様子はこちら!
 
大垣城、金蝶園総本家

大垣城、金蝶園総本家

大垣城、金蝶園総本家

【数多のお菓子が心奪う】

甘菓子の数が豊富で伝統ある水まんじゅうを始め季節ものや新商品も立ち並び
何れにするか迷うてしまう。

故に食いたい物全部選び申した!!

大垣城、金蝶園総本家、金蝶園饅頭

【名物金蝶園饅頭】緑茶付き

郷土の伝統銘菓! これは外せぬ定番であろう!

大垣城、金蝶園総本家、ふわふわ

【女子必見!ふわふわ】

様々な味が主等を惑わせる【ふわふわ】。
儂はいちご味を選定したが
隣にある【華かがりのいちご餅】は季節限定ものである!
いちごが実に美味いと聞いた。

大垣城、金蝶園総本家、ふわふわ

【甘菓子大好き傾奇者】

では、伝統ある銘菓を始め季節もの、流行物を取りそろえ申した!
いざ実食!!

大垣城、金蝶園総本家、ふわふわ

ふわふわのふわふわ加減がたまらんじゃろ??
ええ? 美味そうじゃろ!?

大垣城、金蝶園総本家、ふわふわ

【美味いのは当たり前田!!】

やはり食感のふわふわ感は食す者の心を満たす!
現世は味だけではなく食感にも拘りを持ち五感を刺激するとは。
恐れ入った!

大垣城、金蝶園総本家、華かがりのいちご餅

【華かがりのいちご餅】

見た目百点満点!!
白い餅が雪の如き美しさに加えいちごの膨らみがややこ(赤子)のように可愛ええ。
食べるぞーー!!

大垣城、金蝶園総本家、華かがりのいちご餅

正面から一番口!!

大垣城、金蝶園総本家、華かがりのいちご餅

いちごが丸ごとでどえりゃー満足だわ!!
果物を丸ごと餅に包んで食べる時が来るとは…。戦国時代では考えられなんだ。

続いて!

大垣城、金蝶園総本家、名物金蝶園饅頭

定番である名物金蝶園饅頭も頂き申す。

大垣城、金蝶園総本家、名物金蝶園饅頭

【水の都が生んだ名物】

水の都と言われた大垣の水をふんだんに使い、あっさりした餡に加え、ほんのりと酒の香りがする。
あまりの美味さに儂も此の面!!

大垣の水を利用した美味し飯の数々に儂も大満足じゃ!
大垣城近くに名物が立ち並ぶ故に皆も足運んでみるがよい!

大垣城、金蝶園総本家、前田慶次

【残金62282円】

此度の城巡りにて美味し飯も食うて、ちと金子を使ったが残金はまだまだ御座る!
これよりも多くの城郭を巡り城と歴史観光の面白さを皆に伝えて参るぞ!!
次回は何処の城に参るか。楽しみにしてちょ!!

また会おう城びと!
以上

名古屋おもてなし武将隊
天下御免ノ傾奇者 名古屋城検定名誉顧問 城びと連載人
前田慶次郎利益


大垣城の基本情報
<住所>
岐阜県大垣市郭町2-52
<アクセス>
JR「大垣駅」南口から徒歩7分

凸伝令

【前田慶次の歴史夏祭り】
日程:2021年7月31日(土)
場所:名古屋市公会堂 4階ホール(名古屋市昭和区鶴舞一丁目1番3号)
時間:開場17時30分、開演18時30分(予定)

alt
 
公式ホームページ https://busho-tai.jp/

その他の連載もお楽しみください!
▶「【第1回】凸名古屋城」前編(https://shirobito.jp/article/944)・後編(https://shirobito.jp/article/946
▶「【第2回】凸犬山城」前編(https://shirobito.jp/article/966)・後編(https://shirobito.jp/article/982
▶「【第3回】凸岐阜城」前編(https://shirobito.jp/article/996)・中編(https://shirobito.jp/article/997)・後編(https://shirobito.jp/article/1009
▶「【第4回】凸小牧山城」前編(https://shirobito.jp/article/1040)・中編(https://shirobito.jp/article/1054)・後編(https://shirobito.jp/article/1059
▶「【第5回】凸大高城と鷲津砦と丸根砦【桶狭間の要】」(https://shirobito.jp/article/1095
▶「【第6回】凸墨俣城」前編(https://shirobito.jp/article/1132)・後編(https://shirobito.jp/article/1170
▶「【第7回】凸彦根城」前編(https://shirobito.jp/article/1194)・中編(https://shirobito.jp/article/1214)・後編(https://shirobito.jp/article/1275
▶「【第8回】凸清洲城」前編(https://shirobito.jp/article/1286)・後編(https://shirobito.jp/article/1301
▶「【第9回】凸岩崎城」前編(https://shirobito.jp/article/1312)・後編(https://shirobito.jp/article/1335
▶「【第10回】凸大垣城 前編(https://shirobito.jp/article//1335)・中編(https://shirobito.jp/article//1349

執筆・写真/前田慶次(名古屋おもてなし武将隊)

関連書籍・商品など