前田慶次の自腹でお城めぐり 【第8回】凸清洲城 後編~楽しすぎる展示物に大興奮~

お城に関する豊富な知識を持つ「名古屋おもてなし武将隊」の一員・前田慶次が、全国のお城を実際にめぐりながら歴史・特徴・魅力を解説。今回は、織田信長にゆかりが深い清洲城(愛知県清須市)の後編。歴史好きなら興奮必至の展示が充実している天守閣の内部から、本来の清洲城があった清洲公園まで、見どころを詳しく解説します。

「前田慶次の自腹でお城めぐり」

皆の衆、我こそは名古屋おもてなし武将隊天下御免ノ傾奇者前田慶次である。

此度(こたび)城びとと同盟を結び、此の前田慶次が連載を持つ事と相成った。
先ずは、名乗りを上げよう。

前田慶次

前田慶次齢四七九歳。戦国の世では天下御免ノ傾奇者として名を馳せ申した。現世に蘇りは名古屋おもてなし武将隊の一角として、名古屋城を拠点に名古屋を世界一の観光都市にするが為、日々戦働きに勤しむ。

演武といったパフォーマンスなるものを披露し、電波放送戦(テレビやラジオ)は常戦番組(レギュラー)を持ち、全国各地に遠征を繰り広げる。
結成十二年目を迎え、全国の武将隊の先駆けとして日ノ本を代表とする武将隊である。
して、儂前田慶次は現世に蘇り歴史の語り部として多くの戦に出陣して参った。

伝統芸能を伝える舞台出陣、歴史学者との対談、寺子屋(学校)での歴史授業。
名古屋城検定名誉顧問に叙任され、検定過去最高得点を叩き出す。
日本城郭検定にも挑戦し合格。
日ノ本が誇る歴史文化をより多くの者に伝えるべく、此度から城びとでの連載を始める次第。

題して
 
前田慶次の自腹でお城めぐり、犬山城

【前田慶次の自腹でお城めぐり】

他の連載と何が違うのか!?

・現世に生きる戦国武将自らが感じたことを紹介!
・傾奇者による城郭魅力度数値化!
・城巡りの手引書(案内)となる!
・地域の特色を織り交ぜ、観光が楽しくなる!
・イケメン(前田慶次)が見れる!
・要点を抑えた紹介!
・兎に角分かりやすい!

全国の城に直接己が足で出向き、城の見方、歴史を伝え、
其の城の傾き所(見所)や天守閣、男前田度(イケメン)を前田慶次の独断で評価する。
歴史初心者から玄人まで楽しめる、国宝連載となっておる。

ただ城を巡るのではなく! 儂の金子(金)で城に登城する。つまり限られた金子で巡る
旅の道中劇にも注目してもらいたい!!
また巡り方については、王道の道順を歩む故に参考にすると良い。

第八回は清洲城
先ずは、城郭の魅力度を数値化致した。
 
alt

現存しておるのが本丸の土塁のみであるが此の点数!!

尾張国内では歴史深く、尾張の首都を担った清洲城。戦乱の中心となり後に名古屋の基盤を作り上げた。
桶狭間の戦いの折に信長様が清洲城から出立し、今川義元様相手に見事な戦を展開し勝ち戦としたが為に勝負運も高い城。
現世では新幹線、電車なるものから清洲城を目にすることができ、珍しき点があり傾いておる!
然し乍ら、その城郭の姿は名古屋城に多く利用され此の世に留めておらず惜しい。また、清洲城までは駅からちと歩く。

慶次の勧めは春。桜と清洲城の景観は桶狭間へ出立した信長様が歩んだ勝負への道導にも見える。

清洲城


【基本情報】

城郭構造:平城
主な築城者:斯波義重(しば よししげ)
築城年:1405年
指定文化財:無

【歴史】

1405年、室町幕府管領であった斯波義重(幕府の宿老)によって下津(おりづ)城(将軍宿泊施設)の別郭として築城。
応仁の乱の戦火が広がり1476年に下津城が焼失。
その影響で1478年、守護所が清洲に移転することになり申した。
この移転により尾張国の中心は清洲城、清洲となった。

1555年、那古野城から織田信長様が入城。
本能寺の変(1582年)の後に信長様の次男、織田信雄様が入城し改修。巨大な城郭へと姿を変えた。
その後城主は、豊臣秀次、福島正則と移り、関ヶ原の戦い(1600年)では東軍の最前線拠点となった。
関ヶ原以降の城主は松平忠吉、徳川義直が務め、大変な賑わいを見せて天下の名城と讃えられる。
1610年、名古屋城築城に伴い清洲城を廃城し『清洲越(きよすごし)』が行われた。
尾張の拠点は清洲から名古屋へ。清洲城の資材を再利用して名古屋城は築城された。

現世では1989年、清洲城模擬天守閣を建設
入口から入って目の前には、桶狭間の戦勝祈願をした信長様が勝利の感謝に熱田神宮へ贈った築地塀(信長塀)が再現される。
館内に、清洲の歴史を学べる展示物から、武士の暮らしを再現、桶狭間の戦いや火縄銃の体験などが充実。
天守閣から「名古屋城」を含んだ名古屋の街並みを一望することも可能である!

では、いざ清洲城へ出陣!
おうーーーーーーーーー!!!!

alt

前田慶次、清洲城

【庭園の拘りとは】

高麗門から入城し、現・清洲城天守閣の目の前には庭園が広がっておる。
先ず此れは当時あったものではない!
現世で武士の精神を伝える手段として築城されておるのじゃ。
実に天晴な枯山水庭園(かれさんすいていえん)!
見逃しがちであるが、此処に素晴らしき歴史がある!

枯山水庭園とは、水を用いておらず砂利等で山水の景観を表現する庭園也。
砂利で水の流れを表現する日ノ本が誇る芸術である。
此れは室町時代の時分にも御座って華やかな文化を象徴するものである。
大名屋敷等でよく見られるが、現世では寺でよく見る事が叶う。
また、使おうておる砂利、巨石は美濃国は岐阜県から用いており、
信長様の居城でもあった故に良き造りになっておるのではなかろうか。

前田慶次、清洲城、庭園

枯山水庭園であるが、横には池も配しており庭園の旨味を凝縮した造り。
飯で例えれば、現世のコース料理の如く様々楽しめる庭園である。

前田慶次、清洲城、天守閣

【清洲城天守閣隠れ○○】

清洲城天守閣下から覗くと石落としが設置されておるのが分かる。
実際は弓や鉄砲も放ったものよ!

また、写し絵では荒く見せる事が難儀であったが、
軒瓦は巴紋以外にも『桐紋』が見つかった!
信長様も桐紋をお持ちであったが、
此処は豊臣家(豊臣秀次様)が城主を務めたこともある故に桐紋を忍ばせておるのやも?
此れは現地に行って見つけてちょうよ。

では、いざ天守閣内へ!!

前田慶次、清洲城、天守閣

【前田慶次所縁絵師の原哲夫殿】

天守閣内へ入ると出迎えるは何と信長様の肖像画!
現世の漫画『いくさの子 織田三郎信長伝』の信長様である。

この絵巻は儂前田慶次の代表する絵巻『花の慶次』を描いた原哲夫殿の作品に候。
筋骨隆々な信長様を拝めるとはのう!
流石は清洲城であるな。こういう遊び儂は大歓迎じゃ!!

前田慶次、清洲城、天守閣

【清洲城天守閣内に張紙見つけて候】

前田慶次の自腹でお城めぐりの醍醐味の一つは此の貼紙である!
巡った城の何処かに貼らせてもらっておる!
此れも清洲城に参った折に見つけてちょうよ!!
主等は見つけられるかのう??(ヒントはこちら)

前田慶次、清洲城、天守閣

城内は如何様になっておるのか。所縁のある展示物等をどう見せておるか! 刮目必定!
現世の天守閣内部はえりゃー面白いからのう!! 儂はいつも心高まっておるぞ!!
ワッハハハハハハ!

清洲城、天守閣、展示

城下町の雰囲気を堪能できるぞ!

清洲城、天守閣、展示

ジオラマシアター『清洲城物語』は映像で清洲城の歴史を学べる!

清洲城、天守閣、展示

【関東の巨鎮】

清洲城が関東の巨鎮と呼ばれた所以を図解で紹介しておる。

織田信雄様が城主となってから清洲城はさらなる改修を経て
東西1.6キロメートル、南北2.8キロメートルという巨大な城塞都市へと進化。
人口も6.7万人まで増え正に巨鎮!
後に名古屋城築城と共にその姿は名古屋へと移ったが、
今の尾張の発展は清洲が無くば有り得ぬ。

清洲城、天守閣、展示

【此れが清洲城】

本来の清洲城の全体が此方。どえりゃーデカいじゃろ?
慶次「見てみたかった者挙手!!」
主等「はーい」
こう見ると城郭、城下町において川の大切さも分かろう?
流通の肝である!

続いては三階へ。

清洲城、天守閣、展示

清洲城、天守閣、展示

【愉快な瓦版で歴史の勉学】

此れが儂の気に入り!

瓦版は新聞の如き見た目であるが、中身は戦国時代の出来事をニュース形式で表現しておる。
此れ上手くできとる!!
此処で10分以上滞在しておった!! ワッハハハハハハ!

儂が『戦国女性』に掲載されておらんか冷や冷やしたのは此処だけの話…。

清洲城、天守閣、展示

【長篠の戦い】

何と長篠の戦いも紹介されておる!!
更に斯様に火縄銃を持つことも叶う!!
どうじゃ? いわゆるサービスショットというやつじゃ。
我が構え姿その目に収めゆけ。

因みに長篠の戦いで我が叔父貴(利家様)は鉄砲奉行を務め申した!
が、馬防柵を飛び越えて槍で突入し怪我をして家臣村井又兵衛に助けられる始末。
うむ。叔父貴の黒歴史であった。

【必見】

更に三階には『大河ドラマ戦国史』と称して大河ドラマの衣装が展示されておる。えりゃー数でのう。
此処は大河ドラマ好き大興奮であろうな。

儂も『麒麟がくる』で世話になってから大河ドラマは視聴致しておるで、
此処も20分ぐらいは滞在して見ておったわ!!
是非己が自身の目で確認してちょ!!

清洲城、天守閣、展示

清洲城、天守閣、展示

清洲城、天守閣、展示

【城主の気分を味わう】

遂に最上階四階へ参った。出迎えるは金シャチに候。
此の金シャチは触れる事が叶い縁起物として置かれておる。儂も人生の勝ち運を高めたぞ!

更に太鼓も体験ができる! ドンドン!
体験に溢れる清洲城は童達も楽しめようぞ!?
清洲城再建の歩みも知ることができる。

ほいで、皆がお待ちかねの天守閣からの眺めがこちら!
どうじゃ?

奥に見える層塔型の大きな建物が名古屋駅である!
県外の者よ。意外と近かろう? 名古屋城と合わせて楽しめるぞ!

清洲城天守閣は廻縁(まわりえん)が備わっており、このように外に出て見晴らしを堪能できる。
正に城主の気分が楽しめる!
高欄(こうらん)も付いており安全であろう?
高欄が黒漆? 重厚感が御座って渋くて良いな。

【一番の見所】

それは…新幹線が見える!!
現世の早鉄籠こと新幹線が走っておる姿を上から見る事が叶う。
隠れ絶景映えスポットなる場所である!
此れは全国的に考えても清洲城くらいではなかろうか?
この日も大筒のようなカメラを構えて新幹線が通るのを待つ猛者達がおり申した。

天守閣内部如何であったか?
敢えて写し絵で見せてない所もある故に、直接足を運び見てちょ!

天守閣の次は『芸能文化館』と呼ばれし隣の御殿へ!

清洲城、水琴窟

【我が師も驚いた洒落物】

芸能文化館の前には水琴窟(すいきんくつ)が御座る。
今では庭園であれば多く見かける水琴窟であるが、
戦国時代では実に貴重であり、恐らく始まりとも言われておる。

築城名人『小堀遠州』が造ったと言われており、『古田織部』我が茶の師匠を驚かせた!
耳をすませば、その美しい音色に心が落ちつくであろう。
戦国の最中、戦無き世を目指す中で、
斯様な落ち着きを求めた美しきものが多く誕生した時代でもあるのじゃ。

清洲城、御殿、黒木書院

【黒木書院と慶次】

松の木で作り上げた御殿『黒木書院』と申す。松は黒いからのう。
こちらは特別に中に入れさせてもらったぞ。
どうじゃ? 儂と黒木書院も映えるじゃろ?

清洲城、御殿、黒木書院

金の金具は釘隠しである!
豪華絢爛の極み名古屋城本丸御殿を意識した造りは、
清洲城が名古屋城の礎でもある故にであろう。

では、ここで恒例の天守閣男前田度(イケメン度)を発表!
清洲城天守閣男前田度は…

清洲城、天守閣

80点!!!

三重四階の天守閣は下見板張りで黒く整えられ全体的に引き締まった印象の中に
高欄の朱色、金シャチに加え軒丸瓦の一部も金色が差し色になっており
何ともお洒落ではないか! 色使いが見事な天守閣。
元々の天守閣とは違えど、天下の名城と呼ばれし威光を放つ瞬間もある!
其れは夜! 夜になると大手橋に明かりが灯され、天守閣は暗闇の中でも輝いておる!
儂は日中に登城したが、夜の清洲城も勧めである。
日中の美しさと宵の勇ましさを備え持つ清洲城は現世の俳優とも言える。
二つの顔を持つ清洲城はなんとも贅沢な顔面である!!

【土産処】

大手橋を渡り目の前に土産処!
腹も減ったし飯も食べたき頃合い。

清洲城、御城印

【土産処で御城印】

飯を食う前に。
此処で御城印が手に入るぞ! 城巡りの大事な御城印は忘れるでないぞ?
他にも色々と土産がある故に物色!!

むむ?何やら美味そうなものを発見!!

清洲城、土田かぼちゃアイス

【土田かぼちゃアイス!?市場に無い?】

清洲の伝統野菜その名は『土田かぼちゃ』である!
この地で育てられるかぼちゃは通常のものよりも甘く美味い!
何やら市場には殆ど出回らないと聞く。
地元の給食やらこのような形でしか手に入らぬと。

慶次「それは絶対に食べるべきじゃーーーーーーー!!!」

清洲城、土田かぼちゃアイス

清洲城、土田かぼちゃアイス

うむ。今まで食うてきたかぼちゃの中で一番美味い!!
皆も清洲に来たらばかぼちゃを食うてみよ!

清洲城、尾張屋、名古屋おもてなし武将隊三英傑

【尾張屋×名古屋おもてなし武将隊三英傑】

名古屋土産も置いてあるぞ!
まさか此処で三英傑の方々を見かけるとは。

清洲城、きよす焼

きよす焼を土産に買ったぞ! モチモチしとって美味いぞ!!

ほいで、もうひと歩きするぞ!!
本来の清洲城本丸は現・清洲城のすぐ隣である故にそちらを散策じゃ!!

清洲城、清洲公園

【清洲公園】

隣に清洲公園がある! 電車なる線路の下を潜って参る!

清洲城、清洲公園

【敵襲か?】

線路の下を潜る。モグラ攻めの如き進軍中…。
大軍が進軍するのか?大筒の音か?
「ガタン、ガタン」と鳴り響く。
慶次「何事じゃーーーーーー」

電車であった。
心の臓に悪い…。皆ここを通る際は心して渡るが良い。気を付けよ!! 

清洲城、清洲公園、織田信長、帰蝶

【誰と誰?】

清洲公園で若かりし織田信長様(26歳)と帰蝶様の銅像が御座る。
桶狭間の戦いの際は清洲城から出立された故に、それを伝えるべく斯様に銅像が設置されておる!
必勝祈願のパワースポットなるものになっておるぞ!

儂も合間に立ち勝ち運を更に高めた。
歴史オタク達には最高の場所であろう?
推しと推しの間で写し絵が撮れるわけだで! ワッハハハハハハハ!

【締め】

さぁ清洲城めぐりは此れにて終い。如何であったか?

織田信長様の聖地巡礼をしたくば必ず参りたい地であるし、
名古屋に観光に参った折も名古屋駅から近い故にあわせて登城する事を勧める!
今の名古屋があるのは、清洲が栄華を戦国時代に極めたからじゃ。
尾張の息吹を感じに参るが良い!

次の城は何処へ参ろうか。次回も楽しみに致せ!

以上

名古屋おもてなし武将隊
天下御免ノ傾奇者 名古屋城検定名誉顧問 城びと連載人
前田慶次郎利益


清洲城の基本情報
<住所>
愛知県清須市朝日城屋敷1-1
<アクセス>
JR東海道本線「清洲駅」から徒歩約15分

凸伝令

alt
 
公式ホームページ https://busho-tai.jp/

その他の連載もお楽しみください!
▶「【第1回】凸名古屋城」前編後編はこちら
▶「【第2回】凸犬山城」前編後編はこちら
▶「【第3回】凸岐阜城」前編中編後編はこちら
▶「【第4回】凸小牧山城」前編中編後編はこちら
▶「【第5回】凸大高城と鷲津砦と丸根砦【桶狭間の要】」はこちら
▶「【第6回】凸墨俣城」前編後編はこちら
▶「【第7回】凸彦根城」前編中編後編はこちら
▶「【第8回】凸清洲城 前編~土塀が大事?~」前編はこちら

執筆・写真/前田慶次(名古屋おもてなし武将隊)

関連書籍・商品など