超入門! お城セミナー 超入門! お城セミナー 第5回 | 【歴史】:築城名人って何をした人?

alt
加藤清正が築いた熊本城。近代兵器が用いられた西南戦争でも落城しなかった、難攻不落の名城だ(写真は熊本地震前のもの)

築城名人は城の一流デザイナー

城の説明でよく、「○○城の縄張は、築城名人○○○○が手掛けました」というフレーズがあります。この「築城名人」。いったいどんな人で、何をした人なのでしょうか?

「豊臣秀吉が築城した大坂城」といっても、実際に秀吉がトンカチやったわけではありませんよね。「築城者」「築城主」また「城主」は、いわば施主。注文主となる人です。「天守は吹き抜けに!」なんてこだわりが強い施主もいますから、プロデューサーでもあります。いずれにしても築城者となるのは、大名家や時の政権など。安土城(滋賀県)の織田信長 [ 織田家 ]、江戸城(東京都)の徳川家康 [ 江戸幕府 ] ということになります。

この築城者が、設計家・建築家・都市デザイナーまた現場監督の仕事もこなす責任者に依頼します(多くは「普請奉行」に任命します)。これを請け、多くの城・大規模な城の仕事をした人、革新的な仕事をした人を、「築城名人」と呼ぶことが多いようです。

alt
藤堂高虎肖像。高虎は徳川家康をスポンサーにして、築城の効率化に取り組んだ(東京大学史料編纂所所蔵模写)

alt
加藤清正肖像。熊本城には彼の合戦経験が活かされている(東京大学史料編纂所所蔵模写)

alt
黒田官兵衛肖像。20万の大軍を寄せ付けなかった大坂城の縄張は、彼の手によるもの(東京大学史料編纂所蔵、模写)

例えば、藤堂高虎聚楽第(京都府)・徳川大坂城(大阪府)・江戸城といった大規模な天下人の城を含む20城近くの築城・改修に携わり、速い!安い!丈夫!の三拍子揃った革新的な「層塔型天守」を考案した人です。

加藤清正も、熊本城(熊本県)の「武者返し」の石垣に代表されるような、実戦経験に基づく工夫と技術が評判だった築城名人。肥前名護屋城(佐賀県)、朝鮮出兵時の日本軍の城など、多くの城に携わりました。

天才軍師・黒田官兵衛も、豊臣大坂城・広島城(広島県)・福岡城(福岡県)など、土地の特徴を見極めた巧みな縄張をもつ、実戦的な城を多く手掛けています。

土の城の名人としては、まず武田信玄の伝説的家臣・山本勘助高遠城(長野県)・小諸城(長野県)・海津城(長野県)などを築いたといわれます。そしてその勘助に学んだともいわれる武田四天王のひとり・馬場信春は、いわゆる「武田流築城術」の到達点として名高い田中城(静岡県)を築きました。

ほかにも金沢城(石川県)の高山右近、伊予松山城(愛媛県)の加藤嘉明など、名城を築いた人の名前があがることもあります。

とにかく「築城名人」は、とても多才な人であることは間違いないですね。

藤堂高虎と加藤清正の城づくりについては、別途またこの連載で取り上げますので楽しみにお待ち下さい。


執筆・写真/かみゆ歴史編集部
「歴史はエンタテインメント!」をモットーに、ポップな媒体から専門書まで編集制作を手がける歴史コンテンツメーカー。手がける主なジャンルは日本史、世界史、美術史、宗教・神話、観光ガイドなど歴史全般。主な城関連の編集制作物に『日本の山城100名城』『超入門「山城」の見方・歩き方』(ともに洋泉社)、『よくわかる日本の城 日本城郭検定公式参考書』『完全詳解 山城ガイド』(ともに学研プラス)、『戦国最強の城』(プレジデント社)、『カラー図解 城の攻め方・つくり方』(宝島社)、「廃城をゆく」シリーズ(イカロス出版)など。

関連書籍・商品など