超入門! お城セミナー 超入門! お城セミナー 第4回 | 【構造】「本丸」「主郭」「一の廓」の違いって何?

城の中心地にはさまざまな呼び方があった

城を構成するパーツのなかで、基本となる「曲輪」。「郭」や「廓」の漢字を充てていることも多いですね。すべて「くるわ」と読み、土塁や堀や石垣で囲って区画した、城内の平坦地のことです。城の内部は、地形や用途などに合わせて大きさや形がさまざまな曲輪で分けられています。例えば、山城では細長い尾根の先端は物見用の小さな曲輪になっていることが多いですし、広い場所が確保できる平地の近世城郭なら、兵を集めて待機させられる広大な曲輪があったりします。

では、城の案内マップや縄張図を見てみましょう。曲輪の名前がいろいろ書かれています。最も高い所や中心らしき所に書かれている名前は‥‥「本丸」「主郭」「一の廓」などさまざま。「一の丸」「詰丸」「本曲輪」「本城」「実城」なんて名前もあったりして、「どういう違いがあるの?」と混乱している読者も多いのでは?

alt
観音寺城復元イラスト。観音寺城は山頂からやや下がった場所が本丸と伝えられているが、周辺にも巨石を用いた石垣を持つ曲輪が連なっており、主郭がどこだったのかは定かではない(イラスト=香川元太郎)

これらの意味はほぼ同じで、城主の居どころや、城の中心となった最重要区画のことを指しています。石垣の近世城郭は「本丸」という呼び方が多く、現地の案内板などでもいちばん馴染み深い呼び名ですよね。この「○○丸」という呼び方は江戸時代以降に登場したようですが、その由来は、軍学上で「城は丸く作ることが理想」とされたから、という説があります。

alt
左上/篠山城(兵庫県篠山市)の本丸はかつて天守丸と呼ばれていた。右上/杉山城(埼玉県比企郡)の本郭。ただし、歴史上の呼称はいっさい記録がない。左下/坂戸城(新潟県南魚沼市)は山頂の主郭部分が実城と呼ばれていた。右下/津和野城(島根県鹿足郡)は津和野山の頂上部が本城と呼ばれていた

曲輪の呼び方はどのように決まるのか?

山城の場合はあまり記録が残っていないため、当時、曲輪の名前をどう呼んでいたのか不明な城がほとんどです。山城では、山頂部にあり中心的な役割を担ったであろう曲輪を「主郭」と呼ぶことが多いですが、便宜的に「Ⅰ郭」「Ⅱ郭」とローマ数字で表すこともあります。

城の構造をわかりやすくしてくれる曲輪の呼び名は、じつは統一したルールがあるわけではなく、昔から呼び慣わされてきた呼称だったり、明治以降に便宜的に付けられたものだったりさまざまなのです。城の中心となる曲輪も、「本丸」「主郭」「一の郭」とさまざまな呼び方がありますが、「そこが城の中心である(と考えられている)」という理解でよいでしょう。


執筆・写真/かみゆ歴史編集部
「歴史はエンタテインメント!」をモットーに、ポップな媒体から専門書まで編集制作を手がける歴史コンテンツメーカー。手がける主なジャンルは日本史、世界史、美術史、宗教・神話、観光ガイドなど歴史全般。主な城関連の編集制作物に『日本の山城100名城』『超入門「山城」の見方・歩き方』(ともに洋泉社)、『よくわかる日本の城 日本城郭検定公式参考書』『完全詳解 山城ガイド』(ともに学研プラス)、『戦国最強の城』(プレジデント社)、『カラー図解 城の攻め方・つくり方』(宝島社)、「廃城をゆく」シリーズ(イカロス出版)など。

関連書籍・商品など