新名所「金シャチ横丁」が2018年春オープン!名古屋城観光がさらに楽しくなる予感満載

海陸交通の利便性も優れた名古屋は、商人の町としても栄え、日本を代表する都市として発展を遂げました。 グルメでは、激戦区で勝ち抜いてきた絶品料理が満載!「名古屋メシ」は観光の目玉にもなっています。そんななか、2018年3月29日名古屋城の目の前に「金シャチ横丁」がOPEN。名古屋グルメ界が誇る美食を堪能してみませんか?おすすめの3店舗もご紹介します。

最高水準の築城技術を誇る「名古屋城」

alt

1616年に完成した名古屋城は、徳川家康が西国大名に命じて築かせた(天下普請)日本を代表する名城です。

シンボルとなる天守は特に力をいれており、作事奉行は、作庭家としても知られる小堀遠州。大工棟梁は、江戸城や駿府城を手がけた中井正清。そして高さ20メートルにもなる天守台は、石垣築造の名手加藤清正が担当しました。

大物技術者を集め完成した名古屋城は、当時の築城技術では最高水準の城郭だったそうです。

alt

愛知を代表する観光名所となった名古屋城ですが、2018年は城マニアも注目する予定が満載!

・天守閣の立て直しによる調査・工事のため、2018年5月7日(月)より天守閣が入場禁止に

・復元している本丸御殿の全ての建物が完成!2018年6月8日(金)より、上洛殿・湯殿書院などが公開開始予定

など。さらにもうひとつ大きなニュースになっているのが、2018年3月29日にOPENした「金シャチ横丁」です!名古屋城を訪れた際には、併せて立ち寄りたいスポットになりそうですね。

2018年春OPEN!できたてホヤホヤ、名古屋の注目スポット

alt

名古屋城すぐ目の前に誕生した「金シャチ横丁」は、グルメやお土産など名古屋ゆかりのお店が集まった商業施設です。金シャチ横丁は、江戸時代の町並みを再現した「義直ゾーン」と、モダンな温かみのあるログハウスを彷彿させる「宗春ゾーン」、2つのエリアで構成されています。

年間150万人以上の観光客が訪れる、名古屋城の新名所として期待されています。

2つのゾーンの特徴とは?

alt

2つのゾーンには、それぞれコンセプトがあります。

「義直ゾーン」には名古屋を代表する伝統料理や老舗店舗が並び、みそかつやひつまぶし、味噌煮込みうどん、名古屋コーチンを使った親子丼など「名古屋メシ」と呼ばれる大物グルメが軒を連ねます。

alt

一方、「宗春ゾーン」には創作料理店計7店舗が出店!台湾まぜそばやあんかけスパゲッティなど、名古屋グルメ界に台頭する気鋭の店舗が並びます。

ちなみに、エリア名になっている「義直」と「宗春」は、歴代の名古屋城主から名前をもらったものです。徳川義直は、家康公の9男で尾張徳川家の初代藩主となった人物。また、徳川宗春は7代目藩主で、倹約を基本とした時代に派手で開放的な政策を実施した、ちょっと変わり者だったようです。

次に、ランチ、デザート、ショッピングに最適のおすすめ3店舗をご紹介します!

おすすめランチ!「鳥開 総本家」の名古屋コーチン親子丼

alt

名古屋を中心に計13店舗を展開する「鳥開」は、鳥料理専門店です。鳥一筋に愛したお店の看板料理は「名古屋コーチン親子丼」。全国丼グランプリでは、「親子丼部門」にて4年連続金賞を受賞するなど実績のあるお店です!

alt
名古屋コーチン親子丼と唐揚げのセット 1,641円(税込

おすすめは、名古屋コーチン親子丼と唐揚げのセット。
身の引き締まったモモ肉は食べ応えも充分!ふわふわ濃厚な卵に包まれて、口に入れたとたん旨味が広がっていきます。中央に添えられた濃い卵黄もコクがぎっしり詰まった贅沢品。つついてもなかなか破れません!

また、唐揚げは、揚げる油の温度を徹底管理しているため、外はパリパリ・サクサクの食感!噛んだ瞬間に、ジューシーな脂が溢れでてきます。鳥を味わう最高のコンビネーションです。

おすすめデザート!「河口商店」の金箔豆腐ソフトクリーム

alt

昭和9年創業の老舗豆腐屋「河口商店」は、尾張地方の良質な大豆と豊富な水を使って作った、無添加の豆腐がウリ!70年以上変わらない昔ながらの製法で、伝統的な味を繋いできたお店です。

alt
金箔豆腐ソフトクリーム  900円税込

散策の疲労感を癒してくれるのが、金箔豆腐ソフトクリーム!金箔を貼るだけではなく、空いた隙間にも金粉をかける贅沢ぶり。名古屋城の金のシャチホコに負けないほどの輝きです。大豆の優しい甘さが味わえるソフトクリームが美味い!食べ歩きにもピッタリで、女性人気になること間違いなしの一品です。

金シャチ横丁・名古屋城のお土産は「なごみゃ」へ

alt

alt

「なごみゃ」は、金シャチ横丁に出店する全19店舗のうち唯一のお土産屋さんです。名古屋地域の工芸品や、名古屋城・歴史関連グッズ、お菓子などを取り扱っています。シャチホコをモチーフにした文具や、ペットボトルの甲冑カバーも人気ですが、観賞用の火縄銃や刀など重厚感ある商品も並んでいます。

alt
「尾張の誉れ」580円税込

そして、金シャチ横丁オリジナル商品も見逃せません。写真は「尾張の誉れ」。中にはクッキーが12枚入っています。パッケージやクッキーのデザインは、和柄をモチーフに文化や伝統を表現したもの。エリアの名前にもなっている徳川義直と徳川宗春が描かれています。今後、名古屋城の定番土産になりそうな予感がしますね!

今後の予定も満載!?ココに注目

金シャチ横丁の進化は、さらに続きます!
2018年4月24日(火)〜9月30日(日)の期間中は、産地直送の海鮮BBQが楽しめる「NAGOYA KINSHACHI SEAFOOD BBQ」がオープン!場所は、義直ゾーンにて。営業時間は、平日17:00〜22:00、土日祝日は11:00〜22:00を予定しています。詳細は「金シャチ横丁」公式HPにてご確認ください。名古屋の夏を満喫しましょう!

alt
写真提供:株式会社 新東通信

また、名古屋城では「名古屋おもてなし武将隊」が著名ですが、今後は金シャチ横丁おもてなしキャストの「徳川義直・宗春と忍び衆」にも注目です!尾張名古屋をさらに盛り上げる忍者集団ですよ。

「金シャチ横丁」で楽しみが広がる

名古屋城に隣接してOPENした「金シャチ横丁」は、グルメもショッピングも楽しめる魅惑のスポットです。名古屋観光の新たな目玉として注目されること間違いなし!名古屋城を訪れた際は、併せて立ち寄ってみてくださいね。

<基本情報>
【義直ゾーン】
住所:愛知県名古屋市中区三の丸1丁目2番3~5号
アクセス:地下鉄名城線 「市役所」 下車7番出口より徒歩10分、または地下鉄鶴舞線 「浅間町」 下車 1番出口より徒歩10分
※名古屋城・正門から徒歩30秒ほど
営業時間:10:30〜名古屋城閉門30分後まで
休業日:名古屋城の休業日に準ずる

【宗春ゾーン】
住所:愛知県名古屋市中区二の丸1番2・3号
アクセス:地下鉄名城線 「市役所」 下車7番出口すぐ
※名古屋城・東門から徒歩30秒ほど
営業時間:10:30〜22:30
休業日:名古屋城の休業日に準ずる

◆「金シャチ横丁」公式ホームページはこちら
※掲載内容は、2018年4月現在の情報です。詳しくは「金シャチ横丁」をご確認の上、お出かけください。

alt
 執筆・写真/いなもと かおり
 お城マニア&観光ライター
 29歳になる城マニア。國學院大學文学部史学科古代史専攻卒。19歳の時に、会津若松城に一目惚れしてから城の虜となる。訪城数は400ほど。国内旅行業務取扱管理者、日本城郭検定準1級、温泉ソムリエ、夜景鑑賞士2級の資格をもつ。メディア出演は、日本テレビ『ズームイン!!サタデー』、フジテレビ『おっかけのおっかけ』、BS日テレ『中川翔子のマニア☆まにある』など。

関連書籍・商品など